いつもその歩くスピードにびっくりさせられてる0041さんに
残雪の会津駒ケ岳登山にお誘いいただきました。

会津駒ケ岳は前から行ってみたいな~とは思ってたものの、
その時期は、有名なハクサンコザクラが咲き乱れる夏かな~と
ぼんやり思っていました。

だって東北の山ですよ!6月初旬なんて、まだ雪もりもりですよ!!
不安だらけだったんですが、会津駒ケ岳だいすきな0041さんと一緒なら
なんとかなるかな~ということでなんとかなった会津駒ケ岳山行レポです♪

運転までして下さるということで夜中3時半にお蕎麦屋さんへお迎えに
きていただき、荷物とワタシたちを積んでもらって出発です~。



いろいろ山のことなんかをお話してたら、登山口に到着。
あいかわらずワタシは後部座席で最後ウトウト夢の中。
よけいに着くのが早かった(゜∀゜)

今日の食材はお水以外ぜんぶ0041さんのザックへ。
あああ、お世話になりっぱなし!



登山口から入ると、最初から急な登り!いきなり暑い!!
天気はいまいちの曇りがちだけど、風が入ってこなくてサウナ状態(´д`)

0041さん、食材持っていただいたのに、歩くペースはたんたんと
進んでいきます。



隊長なんか、がんばってついていこうという気持ちはさっさとなくして
ちょっと離れてマイペースで登ってくる様子。



新緑がキレイだね~♪

木の幹にはざっくりと名前や来た日にちが刻まれていて、
そのなかには昭和45年なんていうのも。。。
ヤメテ、ブナチャンニヒドイコトシナイデ。。。隊長のつぶやき。

40年以上たっても消えない跡。傷つけられそうになっても木は
逃げられないのに。






タムシバの花が道の両脇に咲いていて、標高が高くなるにつれて
キレイなお花が咲いてます。



あれ?まだ1/3も来てないよ(゜Д゜ll)

0041さんも我が家のペースに付き合わされてるので、
ペースが狂ったかも。



タムシバがきれい。
もう6月なのにね~。さすが東北!



急な登りはいつのまにか終わって、のんびり花を見られるタムシバロード♪



ところどころ土の地面と交互に残雪がでてくるけど、
まだまだこんなものじゃない!
0041さんが来た1ヶ月前はこのあたりも深い雪に埋まっていたそうです。



水場に到着~。
といっても、ここから3分くらい下りたところで、まだ雪のなかに埋まってるので
水場はつかえません。飲む分は持って行きましょう。



我が家は暑い夏山シーズンになると日帰りでも2人で5L持っていきます。ウヒヒ♪飲みすぎ?
ここからがいよいよ残雪モリモリです。
土の地面は見えません!

アイゼンはいらないけど、ザックにお守りで入ってるからとりあえず安心。



そんなに大量の登山者の来る季節ではないから、踏み跡がよくわからないところも。
とりあえず登りやすければ、どこでもいいから上に向かっていけばいいらしい。

このあたりから、小蠅集団に襲われまくり。
虫よけネット必要かな。。。

隊長が小声で小蠅コナーズ~♪って小声で歌ってるけどいつもなら大声。
0041さんいるから照れてるのかな?

あいかわらずのガスガス天気で、燧ケ岳が見えるといいんだけどねぇ~
なんて願いながらもくもくと。。。ひたすらと。。。



0041さんにも我が家の洗礼を受けてもらいます。
それは、隠し撮り(^∀^)

我が家はお互いこっそり撮りあってるから、あとで写真をみると
『そこ撮ってたのか!!』って結構楽しんでます(^∀^)



おおお~っ
燧ケ岳じゃないですか!見えてよかった~♪



登るごとにちょっとずつはっきり見える燧ケ岳。



大すきな山が見えるとテンションもあがって、
ちょっと元気になりますね~♪

右側にも雪の残った山並が見えてきます。
なんだか少し晴れてきたような?



このあたりは少し傾斜がゆるくて、景色を眺めながら歩きやすいです。



まだこんなに積雪深いんだね~(゜∀゜)
ほんとに溶けるの?



だんだん木は低くなって、あたり一面雪だらけ。



見上げるといつのまにか駒の小屋の三角屋根が小さく見えました。
童話のなかにでてきそうなかわいい小屋。



夏道はもっとずっと右下にあるらしくて、そこからはまだまだ燧ケ岳や
至仏山は見えないらしい。



そんなまだ我が家は来たことない季節情報も0041さんから教えてもらって、
なんだか今日は山のガイドさんと来た感じ♪



小屋までのさいごの斜面の登りがきついけども、
右側には会津駒ケ岳の頂上、左側には尾瀬の山々。



景色に見とれて先へすすみません。
疲れて足がすすみませんとも言うかも?



高曇りだった空はだんだん頭の真上から青空がひろがって。



尾瀬のほうは、まだこんなだけど会津駒ケ岳のてっぺん方面はまっ青!!



やばい!!きれいすぎるぞ~(^∀^)

雪の山の向こうにいったん隠れた山小屋は、
斜面を登り切ればすぐそこ。

清潔なトイレ(100円)をお借りしてから山頂を目指します♪
ここのおトイレはとても心遣いが行きとどいていて、そのことだけでも
絶対この小屋に泊まりたいぞ!と思ったので、そのお話も次回に!

人気ブログランキングへ