すっかりブログ放置してしまいました。

社内試験が迫ってきてさすがに勉強しておかないとヤバくなりまして。
普段偉そうなこと言ってるのにたいしたことないじゃん的なことはプライドが許さず、やっぱりスゴい!って言われたい小さいヤツなもので。

そんな社内試験も今朝無事に終わり、結果はどうだかまだわかりませんが
とりあえず落ち着きを取り戻しました。

(マークシートって縦長のマルじゃなかったでしたっけ?今日のは横長のマルで、なんか塗りにくくて大変だった!)

そんなわけで放置すること2週間。
尾瀬沼ではもう違う花が咲き始めてる頃と思いますが、一応ワタシ的記録を残しておこうと思います。
(前置きながっ!)




この週は尾瀬の予定ではなかったんだけど
天気予報が群馬県より上のほうしか晴れマークがつかず。

それならばワタシ一人で楽しんじゃって、ものすごい悔しがってた隊長のご希望通りに尾瀬へ行きましょう♪

でもさすがに尾瀬ヶ原は先月ぐるぐると何周もしちゃったし(笑)

定番なのにまだ入ったことのなかった大清水から尾瀬沼コースにしてみよう!

鳩待峠からの入山に比べると駐車場代500円というかなりコスパのいい登山口です♪



まだお土産屋さんの営業前なので帰ってからお支払いすることにして出発。

林道歩き約1時間からスタート。(これがお安い理由?)



事前情報では踏み抜きがスゴいということだったので
ゲイターを忘れずに!

林道歩きは意外と風が吹き抜けて涼しいところも。

トチの木の花が咲いてます。



今日は帰りに中村養蜂園に寄ってハチミツを買う予定。
尾瀬の花の蜜でハチミツを作っていて
とってもおいしいんです♪

ものすご~く小さいお店で、
人見知り激しいワタシのような人間はすごく入りづらいんだけど
慣れてしまえば、お店のお母さんが個性的で楽しいハチミツのプロのお店です。



一ノ瀬休憩所に到着。

まだ営業まえなのかお休みなのか閉まってて様子はわかりません。



外にもメニューの紙がいっぱい貼ってあって、隊長がくずきりに目が釘付け。
自家製きな粉がかかってるそうです。
帰りに営業してたら食べたいねぇ♪

立派なトイレが小屋脇にあります。
利用してないので中がどんなかは不明。

小屋を過ぎると立派な橋を渡って、登山口へ。



ここから山道に入ります。

しばらく沢沿いを登っていく道は、涼しくて気持ちがいい。



途中、水場があって冷たくておいしかった。



このアタリまで来ると新緑がまだ芽吹いたばかりの色できれいになってきた。

ムラサキヤシオ?でいいのかな?



登山道に小さな水たまり。
なかにはオタマジャクシくんがウジャウジャ。



こんな狭い水たまりでちゃんと大きくなれるのかな?
がんばれ!




鳩待峠から山の鼻はほとんど木道歩きだけど 、ここは地面を歩くとこも多い。
アップダウンもそれなりに。

ここですれちがった年配の女性が腕を骨折か捻挫をされたらしく片腕を固定してあり歩きづらそうにしてた。

30人くらいのツアーだったけど、ウォーキングシューズの人も結構多くて残雪で滑ったんだろうか。



このあたりのムラサキヤシオが色が濃くて、とにかくキレイ♪



思ったよりも天気もよくてテンションアップ♪

登山道が木々に覆われてくると残雪が現れはじめ、踏み抜きたくなくて一歩一歩が慎重に。



木道が低いとこは踏み抜いてもたいしたことなさそうなんだけど、木道にそれなりに高さがありそうで
しかも雪の固まりの下がえぐれて溶け始めてる残雪なんかが見えちゃったりすると、いまにもズボッ!といきそう。

ゆるやかな木道を進んで風が冷たいくらいの鬱蒼とした森のなかに入ると三平峠に到着。



おなかがペコペコで二人ともおやつを食べたんだけど
ここにいたら冷えてしまいそうでゆっくりできずに三平下へ進みます。



足元にはお目覚めまえのコミヤマカタバミがたくさん。



木々の向こうに小屋が見えて、三平下に到着です。

目の前の展望は、ちょーっと木が邪魔なんだけど透き通るような緑がきれいだからいっか♪



花柄に毛がふわふわあるからチシマザクラかなぁ。ちがうかなぁ。



淡いピンクが重なりあってとてもかわいい。

夢中で撮ってたから隊長がとっくに先へ行ってるのに全然気がつかなかった!

振り返ったらどこを見回しても隊長がいなくて、トイレでも行ったかな?

なんて思ったときに、姿は見えないけど隊長が呼ぶ声。

どこだぁ~?



尾瀬沼ヒュッテ方面へちょっと進んだ木道に隊長発見!



隊長は会いたかった水芭蕉を見つけて写真を撮りまくってたらしい。



ここの水芭蕉は姿が小さくてかわいらしい。
ホウがにょきっと伸びたのより地面すれすれに咲いてるくらいのがキレイで好き。



リュウキンカもきれい!



ほら!こんなちっちゃい水芭蕉。赤ちゃんの手のひらサイズ。



ショウジョウバカマもかわいい。

燧ヶ岳も尾瀬沼から眺めるとさすがに近くて凛々しい姿がよく見える。



ここからはだいたいずーっと木道沿いに水芭蕉が見られます。
しかも小さくてかわいい。

こんなに咲いてるなんて知らなかったからホントにびっくり。





木道沿いには立派なタラノキ!も (えぇ、ハイ。もうわかってます。。。突っ込みは後程。。。。。。)

山菜はワタシはまったくわからないんですが、隊長がタラノメがうまそうだ~うまそうだ~と興奮!



ホラ!このタラノメなんか立派だぞ~♪


でもココは国立公園。どんなにおいしそうな山菜もとってはいけません。





イチリンソウに二リンソウ。(サンリンソウ?)


わぁ。サンカヨウも見られた♪



エンレイソウはそこかしこにいっぱい。






ああ。もうごまかしきれない。。。

アタシのタイツ、派手すぎだよ。。。

このまえ、このデザインだけ廃番だとかで50%オフでしてね。。。

お店の照明だとそんなに派手にも見えなかったんだけど、自然光の下だとありえないくらいのデーハー。。。

見なかったことにしてくださいませ。。。




水芭蕉の群落の向こうに小屋が見えてきた。






ここって、こんなに水芭蕉咲くんだっけ?
去年は見なかったような。。。



ビジターセンターや小屋のあるところまで来ると、突然に人が増えてにぎやかな感じに戸惑う。

大清水からのルートはそれほどたくさんの人はいなくて、前後して歩いてる人の顔も覚えられちゃうくらいに少ない。



それがここにはツアーの団体さんもいくつか。

沼山から入山してきた人たちかな。






ことし初めて会ったシラネアオイ。
鹿に食べられないでがんばって咲いてる♪



懐かしい一年ぶりの場所。

さぁ、ワタクシここからはガイドさんになるのです!

去年のヤマケイ×サントリーイベントで教わった花や景色をぜんぶ隊長にも見せてあげたい。

おっとその前に!

おなかがペコペコなもので、売店へ♪



草餅とオールフリー♪

去年までここでは売ってなかったオールフリーがたくさん水槽で冷やされてた。スゴいね!

ホントはお昼ごはんにとっておこうかと思ったんだけど
やっぱ冷たいオールフリーの誘惑に勝てずにここで飲んじゃった。


隊長サマは足りないので大福もたべてました。。。
桧枝岐で作ったのかなって期待したんだけど、なぜか製造元は北海道。
ちと残念だけどおいしかったからいーかな。



喉も潤ったのでガイドに出発しよう。

まずご案内しますのはトガクシショウマ。



それとツバメオモト。



あの日から結局ワタシも他では見られなくて、一年ぶりの再会♪


よかった。今年も咲いててくれた。


さらに進むとシラネアオイ。




どっさりと見ごろです♪

この場所は去年たけさんに連れてきてもらって、片手に酒な工場長さんと3人でボケ~っとした記憶。

沼のほとりにはエンレイソウもたくさん。



去年はここからの景色がなかなか見事などんよりっぷりで
肝心の尾瀬沼の大きさがぜんぜんわからなくて残念だったんだけど、今日はぐるっと反対側までよく見える。



せっかくだから沼尻に向かって、尾瀬沼ぐるりっぷにしよう!

燧ケ岳への分岐を右にわけて進みます。








先月尾瀬ケ原でちょこちょこ見かけたワタスゲの花は白い綿毛の赤ちゃんのようなのが出始めて、ふわふわしだしてる。
背もぐぐっと高くなってるし。



これがあの真っ白いふわふわりんになるんだねぇ。



口あけて待ってたって何もあげないよ~ん♪









タケシマラン!



よかったぁ。ちゃんと見つけられた!
今回ちゃんと探せるか一番心配だったのがこの子だったもので。。。




去年は燧ヶ岳からここへ下山してきたんだった。

ここまでの長英新道は長くて長くて。。。



あら~。ちょっとその燧ヶ岳が隠れてきちゃった。





そうそう。沼のまわりではたくさんの人とすれ違って、平日でも尾瀬は人が多いね~なんて思ったんだけど
よく見ると、みなさんガイドの研修中のようです。なんかそんなパスをぶら下げてました。















沼からの風が届くところは意外と寒い。







タテヤマリンドウもことし初めてかな?







沼尻の休憩所が見えた♪

その2へ続きます。