yama+café

おいしい山のぼり

2012年12月

一応今日は年内最後の休日でしかもクリスマスなんですが。
じつはここ2週間ほどだらだらと風邪をひいておりまして。

ちょっとまえに、そう尾瀬メンバー忘年会直前に治った!と思ったんだけども
みごとにぶり返しまして。

薬パワーだけで乗り切ってたんですが、薬がきれると風邪パワーが勝つわけで
昨日、今日と完全に役立たずな感じで寝込んでおりました。

ほんとなら今日は年内最後の山のぼりで高尾山あたりへシモバシラ~♪なんて企んでたのに
自分の体調管理が原因で行けないなんて。。。

隊長にも自業自得的に怒られつつ、ちょっと昨日よりは元気になったもので
もぞもぞとお部屋の大掃除とたまりまくった録画ドラマなんかを見てすごしてました。

んで、さらに今は調子もよくなったんだけど。
隊長は注文を受けてる発送業務なんかをお店でやってるのでまだ仕事中。

かまってくれる人がいなくてつまんないので、また1ヶ月くらいまえに漬けたままほったらかしにしてた
柿のフルブラなんか飲みながらTV見てます的な。。。



フルブラ。
意外と一ヶ月漬けても熟成した感じで、なんのフルーツでもイケますな。
でも写真だと柿というより梅のように見えるな~。


あ。隊長さまのお帰りです。よかった、よかった♪
で、ここからかまって攻撃するとうざがられるんですけど。。。

おかげさまでの石臼受注がつづき、在庫はとっくに底をつき
受注生産がおいつかない我が家です。

世の中でそんなに石臼ほしい人がいるのかと本当にびっくりなわけですが。

いま来年の納品に向けて、休み返上で隊長と隊長パパが頑張っております。
(年内納品はもう何があっても絶対ムリ!)

そんなわけでせっかくの晴天の休日にワタクシ放置プレイになりまして。

母を誘って高尾山に行くことにしました。

で、じつは先月だったか、久しぶりに母は一人で景信山に行って
ちょっと自信を取り戻していたようで
どこを歩こうかという事前の打ち合わせのなかで

「アナタ、日影沢のルートは歩いてないでしょう。あそこは人が少なくていいから、あっちにしましょう!!」

母は日影沢ルートを過去にも歩いてるので自信たっぷり。
アタシはシモバシラが見られたらいいなあという感じで
あとはこだわりもないので、母がそういうならば日影沢でおまかせです。

月曜日の夜から実家に泊まって、火曜日の7時過ぎに家を出まして高尾駅まで。

高尾駅でトイレにいった母。

。。。。。。。。。

。。。。。。。。。

。。。。。。。。。

。。。。。。。。。

でてきませんよ?

後から入った女性が2人も出てきたのにまだ出てこない。
どうしたのかなぁって思ってたら、ぷりぷりしながら母登場。

なんだかドアがたてつけが悪くてなかなか閉まらなかったようで、
おまけにトイレットペーパーが引っ張ってもすぐちぎれて
大変だったんだとか。

ハイハイおつかれさま( ̄ω ̄)

とにかく改札をでてバス停へ。

ちょうどいいタイミングだったようでバスがもう待ってました。
平日なのにバスは超満員。

アタシ一人で行くときはいつも小仏までいっちゃうんだけど今日は日陰で下車。



他にも数グループが降りたけど
みなさんさっさか歩いてあっという間に見えなくなってしまう。

バス停からちょっと行ったところがキャンプ場になってて広々いい感じ。



高尾にキャンプ場があったことも知らなかったのでちょっとびっくり。

高尾山と小仏城山への分岐でどうする、どっちいく?



高尾山でいいかぁって話してたところで後ろから慣れた感じで颯爽とした単独の女性が。
高尾は単独の女性も多いね~なんて振りかえって、一瞬ボケッと。。。。

。。。。は、はなねこさん!(ノ゜∀゜)ノ

まさかのばったりに完全挙動不審なアタシ。

慣れないことでびっくりしすぎて変なこと口走ったような。。。
とりあえず来週お会いするし、ちゃんとあやまっとこう、うん。

シモバシラを見にきたの~というはなねこさんは後ろ姿も颯爽と先へ進んでいかれて、さて我が家は高尾方面へ。

と思ったんだけど。



やっぱシモバシラ見たいね~ということでやっぱり戻って城山方面へ。
15分のタイムロス。
何やってんでしょうね?(´д`|||)

このルートは途中から左側をあがっていくんだけど、結構急なのよ~なんて話す母。

途中、ウソくんの雄をわんさか発見。



ちょうど朝ごはんの時間を邪魔したようで一斉に飛び立って行きました。

ところでお母さん?

ずーっと林道歩きなんですけど?

途中左側の斜面に道がついていて登山道ぽいとこも
あったけど、母はスルー。

「だって何も標識ないじゃないの!」

「ああ。ハイ。」

いろいろおしゃべりは留まることを知らずえんえんと。。。
この場に男のひとがいても確実に参加はしないだろうと思われます。

そんなこんなでダラダラ林道を登っていくと、いつのまにか空は広くなり。



あら。

城山の山頂見えちゃった(;゜∀゜)

山頂についたのに喜びではなく拍子抜けしたのは初めてかも。

結局土の上を歩かないまま山頂到着。

「あら~。なんかキツネにつままれたようねぇ。」

「アタシはお母さんにつままれたよ。」

「だってまえにこの道歩いたの10年も前だし、道が変わったんじゃないの?」

10年って( ̄□ ̄;)!!
先にそれを言えーーーー!


道は変わってないだろうけどお母さんの記憶がおかしいんだよ。
はぁ。こんなことならはなねこさんにもっと詳しく聞いておけばよかった。。。

そんなわけで訳のわからないうちに山頂なわけで。



唯一の救いは完璧なまでの美しい富士山。

ここからの富士山ビュウは最高級です♪



富士山を十分堪能したら小屋のテーブルでごはんです。

そうそう。
この日は小屋はお休みで、ここで食べるのを楽しみに登ってきたらしいグループが
「なめこ汁ないのぉ?(ToT)」

って叫んでた。

平日は営業してたらラッキーくらいで、小屋をあてにしちゃいけないのだよ。



もちろん我が家はアタシが仕込んできてますからね。

今日は大食い隊長がいないので
ふつうにキノコうどんなど。

ゴボウと蕎麦屋のめんつゆをあっためて、グツグツしたところで
うどん、鶏モモ肉、長ネギ、舞茸(これもそば屋から♪)、椎茸を投入。それに富山の親戚からもらったお歳暮かまぼこ♪



これだけなんだけど、それぞれからいいお出汁がでて寒い冬の山ごはんには最高のごちそう。



デザートにみかんなんか食べながら、さてどっちに行く?

さすがに土の上歩いてないからもうちょっとちゃんと山歩きしたいんですけど。。。

ゆっくり歩くなら高尾山に行ってもいいよ。でも疲れたら下りはロープウェイね!ということで母も納得了解。

ではたっぷり飲み食いしましたし、出発前にお手洗いへ。

城山のトイレもピカピカ新築されてたんですね。
女性用だけで個室が7つくらいあった!
土日の人の多さが窺い知れますね。。。

先にトイレへ行った母。

。。。。。。。。。。。。。。。

。。。。。。。。。。。。。。。

。。。。。。。。。。。。。。。

あのう。

こんどはなに?

待ってるのも退屈なので、にゃんこにかまってもらいました。



さわらせてくれるし、撮らせてくれるし、人懐っこい城山の人気にゃんこ♪
もう何年も会ってないけど丹沢のみーちゃん元気かなぁ。



いろんな登山者のモデルになってました。

さてそんな懐っこいにゃんこにも、もういいでしょ!って振られたところで母が戻ってきました。



今朝の高尾駅につづいてまたドアが閉まらなかったんだと!

どうしても3センチくらい隙間があくようで、3カ所も入り直したのに全部閉まらなくて
外にいたトイレ工事のおじさんにドアが閉まらないんだけど!って文句を言ったら
こうやって閉めるんですよ!ってなんか変なコツを教わったらしいんだけど。

ちなみに。
交代してアタシが入りにいったら、なんの問題もなく閉まりました。

なんだかトイレに嫌われてる今日の母。

ついでに登山靴にも嫌われたことが発覚!!!



「ちょっと!こんなになってるわよ!」

「ぎゃー!はがれてんじゃん!」

でもまだ買って2~3年じゃなかったっけ?なんでそんなにパックリいくの?

「あ。間違えて古いほうの登山靴はいてきちゃったぁ。」

母よ。どんだけおっちょこちょいなんですか。。。
っていうか、なんで履かない古い登山靴をとっておいてるのよ。

はがれてるのは、まだつま先だけとはいえ全部はがれるのは時間の問題。
もう高尾山はあきらめて、小仏から下山に決定です。



なんで来た道にしないのかというとせめて土の上をちょっぴりでもいいから歩きたいから。

小仏峠の手前あたりでつま先がぱかんぱかんするようになっていよいよ危ないので、
予備の靴ひもでしばって応急処置。



ほんとはテープとか持ってたらよかったんですけど。。。

ああ。
道ばたにはシモバシラ。植物じゃないほうの。



見たかったのはこれじゃないんだけどね~。

期待してたのは、こっち!
同じ日に歩いてたのに、さすがはなねこさんは大きなシモバシラもまさかのスミレもちゃんとご覧になってたようで。
あああ。こんどちゃんと場所教えてもらわないと。



そういえばここから小仏へまっすぐおりるのは初めて♪
いつもは景信山経由で歩くから、通ったことなかったんだー。

なんにも考えなしに歩いたわりに、バスがちょうどよく待っていてラッキーでした。

なんか今日はいいことがなかったわねぇという母.

富士山見えたでしょーヾ(・ε・。)ォィォィ

あ、そうだった!きれいだったわねぇ。

そんな感じのうっかりおとぼけ母に振り回され、
こんどはまず一人で下見登山しておきたいと心に決めた一日でもありました。。。。

おしまい。

にほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村

↑このページのトップヘ