yama+café

おいしい山のぼり

2013年06月

10年くらい前からいつか行きたいと憧れていた山。

そんなに長く恋してるような山は多くはない。

まだ友達と百名山&丹沢メインで歩いてたころ、
友達のなかで高山植物に興味があったのが、なぜかワタシひとり。


お花好きな山好きなら平標山の名前は自然と耳に入ります。

なので、さっそく次の山行打ち合わせ(ただの飲み会?)のときに平標山に行こうよ!って言ってみたわけです。

『たいらっぴょう~?なにそれ変なの!』

『百名山にあったっけ?』
ええ。お友達は百名山にしか興味ありません。。。
いまでもメールには何個登った?ってくるし。

『違うけど景色もいいらしいし、お花がスゴいんだって!』


『またぁ。お花好きだなんて、オバサンぽいよね~。』

オバサンだと!(*`Д´)ノ!!!

こんな会話があり、あっさり却下となったのです。

10年たっても忘れない、このワタシの執念深さ(笑)

だってホントに行きたかったんだもん。。。

谷川岳なら西黒尾根でも一人で歩いてたんだから、
その近くの平標山だって一人で行けばよかったのにアクセスかロングコースなせいか忘れたけどここはひとりで行けなかったんです。

その後、隊長と歩くようになってからは毎年行きたい山リストに入るものの
なんたって行きたい時期が梅雨なものでなかなかチャンスがやってこない。

今年こそ行く!
多少の雨なら濡れたっていい!
気持ちを雨モードに切り替えて、天気予報も昼過ぎから雨0ミリとか1ミリ。
遅くなればかなり降るかもしれないけど、お花の開花状況を考えたら今しかない!

相変わらず前置きながいですが、そんな感じで平標山に行ってきました。


広い駐車場には先着1名様。
トイレはきれいでペーパーもあり。

3時頃まで雨の予報は外れて5時すぎても時折ザーッと強く雨が降ってる。



でも近くの空には青空が広がってて、
すぐ止みそうな気配。

一応レインウェアのジャケットだけ着て出発。

ここはぐるりっぷが一般的だけど、
どっちまわりが多いのかはよくわからない。

今日は下山は雨が予想されたので、林道を下った方がきっと安心そう。



なので松手山経由で登ります。クマに会うのはヤなので、鈴を鳴らしていきます。

最初から急な登り。

樹林帯で雨もあたらないし、結局暑くてすぐにジャケットを脱ぐ。



今日の最初のお出迎えのお花はヤマツツジ。



そうそう。
今回新しい山グッズ導入しました。




モンベルのカメラカバー。

ワタシのカメラは防塵防滴でレンズも簡易防塵防滴なので、べつに気にしなくてもよさそうなものですが。
なんとなくカメラがずぶ濡れというのはあまり良くないような気がして、
会社帰りにモンベルショップに寄って買ってきました。




振り返ると苗場スキー場やホテルが見える。

隊長がブーリーザードブリザード♪って歌ってるんだけど、すぐ息切れ(笑)




歌いながら登ってるからだって!

ってか、ゲレンデにいってブリザードだったら滑れなくてかなりガッカリだよね。。。

そんなこと言いつつ登る。

ユーミンさま、すみません。




苗場山が見えた。



登山道の両脇にはツツジがきれい。



タニウツギも。




思ったよりも天気がよくてよかった。

ずっと曇りかと思って展望は期待してなかったから。

寝不足で隊長の調子が悪い。



オレンジがかったツツジがいつも進む向こうに見えてて元気をくれる。

今日はできるだけ早く下山するためにいつもより早く出てきたんだけど、
途中のSAで1時間も寝ちゃって結局そんなに余裕がない。




鉄塔きたー!



いろんな情報に必ず出てくる鉄塔。

予想以上に遅い!
ここまでこんなにかかっていいの?っていう時間をたたき出してます。
出発前に駐車場にいた皆さんにも追い越されて、最後尾。。。



隊長の調子がいまひとつなのもあるかもしれないけど、ワタシだってそんなにのんびり歩いてたつもりはなかったのに!(-。-;)

ちょっと焦りつつ、松手山へ向かいます。

ここからお花がどんどん増えてきて興奮状態に。



今年はじめてのギンリョウソウ。



結構ぬかるんでます。

近いだけあって登山道の雰囲気も苗場山のときと似てるような気もします。




ぷっくりしてかわいいウラジロヨウラク。



鈴なりというのがぴったりなベニサラサドウダン。


土砂降りの巻機山で満開なベニサラサドウダンやウラジロヨウラクを見てから、
もう一度晴れてる日に見に行きたくて仕方なかったんだけどここで見ることができてすごく嬉しい。

そういえばサラサドウダンも好きなんだけど、ここには咲かないのかな。見当たらなかった。



ゴゼンタチバナ。




梅雨の晴れ間にお花も輝いてるように見えます。




足下にびっしりなアカモノ。



上を見たり足下を見たりして、お花が咲き出すと忙しい。



鉄塔から松手山は思ったよりも近くて
結局ここまでトータルでコースタイム+10分くらいだった。



追い越してった皆さんが健脚だったんだね~。
我が家の情報源はだいたいヤマレコなんだけど、ヤマレコに書いてるひとにコースタイムより遅い人いなかったねぇ。。。



コンビニおやつ。みたらし団子♪



汗びっしょり。お見苦しくてすみません。。。

のんびり歩いてたら、青空が少なくなってきてどんより雲の勢力拡大中。




ここからは気持ちいい稜線歩き。
ちょっと寒くなって長袖シャツを着てちょうどいいくらい。



イワカガミ。





先行者の足跡♪

今日は単独3名様です。




振り返ると後ろの山々にも雲が襲いかかってます。





でも、もっとどんよりした天気だろうと思ってきてたので、あんまりがっかりしないというか
ここまで景色を見せてくれてるだけでうれしいんです♪



なんたって今は梅雨真っ最中。



足下の高山植物もどんどん増えて、どのコもかわいいし
なんたってみんな今年はじめて会うお花ばっかりでうれしくてまったく進めない。



ハクサンチドリ。





まだ蕾のコバイケイソウ。

あれ?隊長と一緒に歩くようになってから、こんなにいっぱいのコバイケイソウって見てないかも。

7年に一度の割合で当たり年になるというコバイケイソウ。
結婚して6年目だから、ちょうど当たり年を外してるのかな。



立派な階段の登りに差し掛かるとどこかに似てる。
そうだ!至仏山の山頂直下の雰囲気にそっくりです。


まわりもお花畑だし。





お待ちかねのハクサンイチゲの花畑~♪

このお花畑を見たかったんだよ~(*´ー`*)






ヨツバシオガマ。

山登りをはじめた頃は、夏は北アばっかり行っていて
その頃によくお目にかかってたヨツバシオガマとかハクサンチドリは、もっと夏の花だという思い込みがあったわけで。
6月に見られちゃうなんて、なんだか慣れなくてびっくり。



先をいく隊長が、この白いのなに~?尾瀬で見たヤツ?



ちが~う!
こ、これはオノエランじゃないのーーー(*´∀`*)

おそらく隊長が勘違いしたのはツバメオモト。

オノエランも巻機山で初めて会ってから大好きなお花。
だってなんかものすごく清楚で可憐でかわいいじゃないですか。
人は自分にないものに憧れると言うからね(ー_ー;)









あぁ、よかった。ハクサンイチゲの満開に間に合った♪



ちょっとギリギリセーフな感じだけど。



隊長はあとでゆっくりオノエラン観察しようと思ったらしくて、ちゃんと見ないで先へ行っちゃったんだけど、
残念ながら咲いてたのは階段が出てきて山頂までのあいだだけでした。残念。

まだ蕾のもいっぱいあったから、オノエランはこれからが楽しみですね♪



山頂はガスでまっしろ。

360度展望が良さそうですが、今日はぐるっとガスだらけ。

ちょっとおやつ休憩なんかして、仙ノ倉山へ向かいます。



いったん降りていくところが両脇お花畑になってます。



雲が分厚く空を覆うようになると風がどんどん強くなってきた。




帽子もめくれあがってます。このあとずっとこんな調子(笑)

カメラのレインカバーが撮るときに結構邪魔で、隊長に雨降ってきたらつければいいのにって笑われながら
今さら外すのもめんどくさくて頑固につけっぱなし。



ミヤマキンバイ。

どうにも黄色い花は覚えるのが苦手で、小さいのも大きいのも
たとえ葉っぱがぜんぜん違ってても毎回記憶がごちゃごちゃ。

なので、黄色いお花は今後隊長に覚えてもらおう!!





なにやらピンクの花が。

ハクサンコザクラが咲いてる!




来たがってたわりには適当な下調べで、ハクサンコザクラはもう少し後だと思いこんでたのですごくうれしいo(^o^)o




ハクサンコザクラ、ハクサンイチゲ、チングルマにミヤマキンバイ。
風が強くて背の高い順にぶんぶん揺れて、なかなか写真が撮れない。



写真に夢中になって、また変な姿勢で撮ってたんだけども。




立ち上がろうとした瞬間、左ひざ裏側にピキッと音が聴こえるほどの激痛。

『痛いっ!』

思わず声がでるほど痛かった。

左足が乗ってた大きめの石が浮き石だったようで、立ち上がろうと動いた瞬間に石が動いて
足が無理な方向に傾いたみたい。

しばらくじっとしてソロソロと起き上がってみると歩けないことはなさそう。
動かしても痛みはない。
ただ、いつもとははっきり違う違和感が残ってる状態。

すごく悔しいけど、隊長と相談というか命令されてここで撤収ですρ(・・、)


仙ノ倉山を未練がましく眺めるけどもラッキーなことに雲のなか。



これならあきらめもつくというもの。

ちなみに隊長はこういうとき、まったく悔しくならないお得な性格です。

むかし、富士山でアタシだけ高山病ぽくなって9合目の小屋で待ってるって言ったときも、俺も山頂行かない!って 粘られた経験あり。
アタシは前にも登ったことがあったから、まだ山頂に立ったことのない隊長を登らせたくて最後は、登ってこなきゃキライになる!って逆ギレ(笑)

とにかくピークにこだわらない人なので当然仙ノ倉山ピークも惜しくもなんともない。

そういうところはホントにうらやましい。
ワタシはどうしても未練がましくなってしまう性格なので。







とにかくここがゴールと決まれば、あとはゆっくり写真撮影。

仙ノ倉山に行ってれば 、雨が降るまえに下山するには結構忙しかったはず。
風は強くなってお花たちも揺れっぱなしなんだけど、ときどき風がやむ瞬間まで粘る。




チングルマもうっかりしてるとあっというまに花期が終わって穂になってしまうから、なかなかタイミングよく群生してるとこに出会えない。









イワカガミもかわいい。













しばらく撮影タイムを楽しんでるうちにカラダが冷えてしまって、山頂へ戻ります。




ここから今度は山の家へ。



風が強くて寒かったら、山の家まで下りてごはんにしようと思ったんだけど、こっち側に下りてくると風がない。




それならやっぱり少しでも景色がいいベンチでごはんにしよう♪

足元にはイワイチョウやタテヤマリンドウ。



今日は簡単におなじみのホットサンド。



最近のお気に入りはいわゆるとろけるスライスチーズではなくて
普通のかたまりのプロセスチーズやクリームチーズ。

スライスチーズは夏になると、熱しないでも気温ででろんでろんに溶けてしまってパンにのせにくいんです。






あとコンビニ調達のマカロニサラダ入れてみたら旨かった。



コーヒーを飲もうって忘れずに持ってきたのに
肝心の鍋を持ってくるのを忘れて、さすがにバウルーでお湯沸かすんじゃ大変であきらめた。


そのかわり!



今日はデザートがあるもーん♪

凍らせてきたコンポート♪

お買い得シール貼りっぱなしがお恥ずかしい。。。



天気は目まぐるしく変わって、青空が広がって仙ノ倉山ピークを恨めしく眺めたり、またまたガスったり。



さぁ。下山しますよー。



コバイケイソウが今咲きました!みたいに元気いっぱい。












山の家が見えた。



もうワタスゲの季節なの?

お花満開時期を追いかけて山に行くと、あっちにもこっちにも行きたくなって忙しい!
追いつけないからあんまり早く咲かないで。。。






マイヅルソウ。

ものすごく小さい姿なのに信じられないくらい複雑なカタチがかわいくて好き。



小屋でおトイレをお借りしました。
想像してたよりずっと立派な小屋のドアは木製で中が見えなくて、窓からちょっとだけ覗いた感じでは
かなりキレイな感じ♪



そとにあった湧き水で喉を潤してから下山です。






オオナルコユリ。初めて聞いた名前でどんな花なんだろうって家に帰ってから調べたら
今ぶら下がってるのがお花なんですね。

もうちょっと開くのかな?




撮って!って言ってるみたいにきれいなタニウツギ。




山の家からはずーっとしっかり整備されていて、ほぼ階段歩き。
これなら雨でも大丈夫そう。







ハッ!

カブトムシだよ、隊長!!!




隊長にクワガタだろ!って怒られました。。。

だってさクワガタだってカブトムシだって似たようなもんじゃん。もっといえばゴキブリだって。。。

ぜんぶ気持ち悪いよ。。。

隊長にカブトムシと間違えたこと、ブログでちゃんと告白しろよ!って言われたので一応書いといた。








ツクバネソウ。








おいしいお水が流れてました♪



ここからがなが~い林道歩き。









松手山が見える。
この写真では隠れちゃってるけど左上にあの鉄塔もありました。







林道からまた登山道に入るとこの標識が大きいんだけど、見落としそうな感じだった。




登山口にはこんなかわいい案内が♪

ホンモノを見てきたばっかなのでよけいにかわいく見えるハクサンコザクラ。

こんなに多くの種類の花が咲き乱れてる山に来たのは久しぶりですごく楽しかった。
また会いたいから守らないとね。

おしまい。


にほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村


【持っていった水の量】

今回からどのくらい水を持っていったか記録しておこうと思います。
いつも出かけるまえに悩むので。
でもウチは大量に飲むので他の方の参考にはならないと思います。

飲料用 4L

調理用 0L

余った分 2L

いつもより寒かったのでこの時期にしてはあまり飲まなかったみたい。

尾瀬沼めぐり。【その1】のつづきです。





沼尻休憩所が見えてきた。
樹林を抜ければすぐそこに!



モウセンゴケがいきいき。




休憩所。

ここはなんだかやたらにセンスのいい手ぬぐいとか売ってて、前回そのカワイさにはまってしまったところ♪

また今日も一枚買ってしまいました。
なんか尾瀬と会津駒ってお財布のヒモがゆるみまくり。。。



さて、ごはんごはん♪

メゾンカイザーのパンを焼いて~♪



テント泊に持っていくまえに味を試してみたかったアマノフーズのビーフシチュー。






うまっ!!!

カイザーのパンがおいしいのはもちろんだけど、シチューもフリーズドライとは思えないほどおいしい!



まぁ、こんな景色見ながらたべればなんだっておいしいんだけど♪


ただ、こういうドライフードにありがちな量が少ないというのだけはやっぱり残念で、
隊長は二人前食べないと足りないようです。。。

でも足りなくても今日のところはとりあえず大丈夫。

なぜならパスタももちろん作るから♪
(日帰りのお昼ごはんなのにどんだけ食べるんだ!)



このまえ山形のアンテナショップで見つけた朝採りタケノコの真空パック。
一口サイズに切ってあって、もう水煮してあるので山でとても便利そう♪
中に入ってる水ごと使えるそうです。

水はパスタのゆで汁に入れちゃえばいいのでゴミ知らず!

隊長リクエストの生ニンニクも今日は忘れずに♪
オリーブオイルでタケノコを軽く炒めておきます。



タケノコに火が通ってるのでパスタさえ茹で上ればすぐ食べれちゃう時短パスタメニュー。

硬めに茹でたパスタとタケノコを汁ごとあえてコンソメをパパッと入れて、タケノコが温まるまで加熱。



仕上げに生ハムと青じそをトッピングすればできあがり~♪

うま~い!(*´∀`*)

生ハムのしょっぱさとタケノコの食感がうまうま♪

もんのすごい満足したんだけど、うっかりして今日は食後のコーヒーを持ってくるのを忘れてた。

コーヒー飲みたいなぁ。。。

そうだ!買えばいいんだ!

休憩所の営業は13時まで!
時間はすでに12時半。

あわててコーヒーをお願いしにいきます。

と。

そこで。

なんか見覚えのあるおっきいおにーさんが?


タカさーん!!!



ちょうど一年ぶりの再会でした♪
去年のツアーで尾瀬をガイドしてくれたおにーさんです。


なんだかペアルックのうようなことに。
知らない人が見たら、どっちと夫婦か間違えそうな(笑)


タカさんは一組のご夫婦のガイドでここへ来たそうで、向こうでご夫婦も休憩中なのが見えた。


ハジメマシテな隊長を紹介して、あのときのことやその後の山歩きの話などなど♪

そんな話のなかで、隊長がタラノメがいっぱいあるんですね~ってお話したら、

『あぁ、それタラノメじゃなくてハリブキだよ。見た目はタラノメにそっくりなんだけどおいしくないらしいよ。』


ハッ!しまった
去年そんな話を聞いたような。。。イヤ、確かに聞いたな。。。
いまこの瞬間まですっかり忘れてた(恥)

恥かかせちゃってごめんよ、隊長。


へぇ~。とシレッと流してきたけど、きっとタカさんも去年も説明したと思うけどって気が付いたはず!
ゴメンナサイ。
でもこれでしっかり覚えました!!!


しばらく懐かしくていろいろお話してたんだけど、タカさんはお仕事中の身。
これから見晴に向かうそうです。

我々は三平下へ戻らなければならないので、ここでお別れ。


去年ここへ来たときは結構雨が降っていたのと、その前のゲリラ豪雨で登山道が荒れているとかで
ぐるりっぷしないで来た道をピストンしていた。

なので、ここからの道はワタシも初めて。






登山者もぐっと少なくなって静かな尾瀬ハイクが楽しめる。




ちょいと崩壊ぎみのところもあるので気をつけて!




ムラサキヤシオと沼が見える道はなんだか見覚えがあるようで、どこかな~って思ったら
そう!日光の高山から下りた中禅寺湖畔のとこにちょっと似てる。




分岐に到着。



ここから去年初めて行った富士見峠へ行けるんですね。

で、地図見たら。

迷マークがついてます。
あとから調べたら、あまり歩かれてないからか熊さんもよく出没するルートなようで。

我が家はビビリなのでやめておこう。。。



途中に荒れた登山道を巻くように新しい迂回路ができてた。

ところどころ出てくる残雪に、踏み抜かないように気を付けながら進みます。


そうそう。タラノメハリブキはこっち側にもたくさん見かけるんだけど
隊長はまんまと間違えちゃったことにがっくりで、ハリブキをうらめしそうに見てました(笑)


この日は沼からの冷たい風ですごく寒かったり、日が照ると暑かったりの繰り返しで
ちょっと変な気温でした。
これも梅雨の影響かな?

ちょっと疲れたころに三平下に到着。



ここにもトイレがありますが、ワタシがお借りした尾瀬のトイレのなかでは一番レトロなトイレ。
清潔そうではあるんだけど、古いというかなんというか。。。

尾瀬沼山荘の外では今晩お泊りらしき人たちがまったりしてたりして、イイ感じ。
結構平日でもお泊まりの方いるんですねぇ。

なんで先月の尾瀬ケ原はまったくいなかったんだ?

ちょびっと休憩したら、あとは来た道をピストン。
三平峠まで登ります。

今日の気温でさらに緩んだ雪の上を気を付けながら進みます。
まぁ、気を付けたって踏み抜くときは踏み抜くんだけど。

まえを歩く隊長がコレな~に?って聞いてきたお花は。。。



イワナシさん♪

去年は沼山峠のあたりでいっぱい見られたんだけど、
この日は全然見られなかった。
こっちには咲かないのかなぁって思ってたんだけど、会えてよかった♪

帰り道、今日歩いてたときにすれ違ったり同じコースを同じペースで歩いてたり、見覚えのある人たちと前後して一緒に帰ります。





あら。景色がすっかりどんより。。。



雨が降るまえに駐車場に着きたいな~。








我が家にしては早いペースで下りて橋まで戻ってきました。

一ノ瀬休憩所が営業してる!
それでは寄ってみないとね~(*´ー`*)

朝から目をつけていた自家製きな粉のかかったくずきりがコチラ♪



きな粉すくな(゜ー゜)

ここからまだ林道歩きが40~50分あるので
なんとなく最後の休憩につい立ち寄りたくなる感じ。いい場所にありますね♪

ほかの方もだいたい足を止めて何か注文してました。

林道歩きは退屈なんだけどここは一時間以内なので、ワタシ的ギりかなぁ。
アヤメ平にいく林道はホントに長かった。

ゴールが見えたよ~♪



お疲れさまー!

お土産屋さんに駐車場代500円をお支払いして、花豆ジェラートを購入。



ジェラートタイプでさっぱりしててスゴくおいしい(*´ω`*)

ちょっと見た目がアレなんでくるくるしないで
スプーン(?)で盛りつけるみたいなジェラートみたいにすればもっと美味しそうなのに。

この前は食べられなかった花豆ソフト。今回はジェラートのほうだけどちゃんと念願かなって大満足♪
あ、でもこのときおばさんが明日尾瀬沼ヒュッテに花豆ソフトを届けるって言ってたから、
ここももうちょっと早ければなかったのかな?


そうそう。
この日は時間が遅くなってハチミツを諦めたんだけど、その分というか温泉はあきらめずに寄ったんだけど
今回はいつもと違うとこにいってみました。

尾瀬帰りにマイカー派がいちばん寄り道しやすいのが、たぶん花咲の湯。

広いしキレイなので女子と行くならここがオススメ。
ウチは数回行ったけど、最近はまったく行きません。
なんでだったかなぁ?なんか肝心の温泉がたいして気持ちよくないというか。
ただ汗を流すだけなら十分だけど。
源泉100%じゃないのかな?源泉のとこって必ず書いてあるもんね。


じゃあ、どこに行ってるかといいますと。

しゃくなげの湯。
源泉かけ流し100%♪

すご~く気持ちいいお湯です(*´∀`*)

ただ隊長的に無料の畳敷きとかの休憩スペースがないのが残念らしいです。
アタシには問題ないんだけど。


ちなみに野菜とか売ってるお店も外にあって、必ず立ち寄ります。
あ、あの中村養蜂園さんのハチミツ売ってます。(直接買うよりちょっとだけお高い!)



なんだけど。
今日は隊長が他に行ってみたい温泉があると言うんです。

「ささの湯」

もちろん源泉かけ流し♪
民宿なので泊まることもできます。

ただ平日はがら空きなので、お風呂場の電気も消してあった(゜ー゜)
エコ?

昔の銭湯風に壁に絵があって、男湯は至仏山。
女湯は武尊山でした。


キレイに掃除してあって内湯はとろとろに気持ちいいお湯。

ただ、露天がかなりぬるめで長湯できなかったのが残念。

あ。それともうひとつ。
帰りに寄ったトンカツ屋さんがマジうま!

この情報は一部の方にしかお役にたたない場所ですが。

遅くなっちゃったのでごはんをどっかで食べて帰ろうと思って、
ググっておいしそうなお店検索。

群馬県桐生市にあるとんかつ屋さんが見つかりました。
☆が3つくらいの口コミが多いけど、そういうお店に行ってみたらすっっっごくおいしかったことが
いままで何度かあるのであんまり☆の数は気にしません♪

『和楽路』

ホームページがなさそうなので、ご興味のある方は検索してみるといっぱい口コミサイトがでてきます♪

ちょうどお客様が途切れたタイミングであんまり待たされることなく
いただくことができました。

隊長は特上ロースカツ定食。



アタシはヒレカツ定食。

ここは絶対また行く!
外食でお肉がおいしいの久しぶり!!!
(特別まずしいわけではないですが。。。)


もう引退されたご主人が山好きだったそうで、壁にはジャンダルムとか迫力の写真がいっぱいありました。


もしコチラ方面行かれた方は、ぜひ一度♪


おしまい♪

にほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村

すっかりブログ放置してしまいました。

社内試験が迫ってきてさすがに勉強しておかないとヤバくなりまして。
普段偉そうなこと言ってるのにたいしたことないじゃん的なことはプライドが許さず、やっぱりスゴい!って言われたい小さいヤツなもので。

そんな社内試験も今朝無事に終わり、結果はどうだかまだわかりませんが
とりあえず落ち着きを取り戻しました。

(マークシートって縦長のマルじゃなかったでしたっけ?今日のは横長のマルで、なんか塗りにくくて大変だった!)

そんなわけで放置すること2週間。
尾瀬沼ではもう違う花が咲き始めてる頃と思いますが、一応ワタシ的記録を残しておこうと思います。
(前置きながっ!)




この週は尾瀬の予定ではなかったんだけど
天気予報が群馬県より上のほうしか晴れマークがつかず。

それならばワタシ一人で楽しんじゃって、ものすごい悔しがってた隊長のご希望通りに尾瀬へ行きましょう♪

でもさすがに尾瀬ヶ原は先月ぐるぐると何周もしちゃったし(笑)

定番なのにまだ入ったことのなかった大清水から尾瀬沼コースにしてみよう!

鳩待峠からの入山に比べると駐車場代500円というかなりコスパのいい登山口です♪



まだお土産屋さんの営業前なので帰ってからお支払いすることにして出発。

林道歩き約1時間からスタート。(これがお安い理由?)



事前情報では踏み抜きがスゴいということだったので
ゲイターを忘れずに!

林道歩きは意外と風が吹き抜けて涼しいところも。

トチの木の花が咲いてます。



今日は帰りに中村養蜂園に寄ってハチミツを買う予定。
尾瀬の花の蜜でハチミツを作っていて
とってもおいしいんです♪

ものすご~く小さいお店で、
人見知り激しいワタシのような人間はすごく入りづらいんだけど
慣れてしまえば、お店のお母さんが個性的で楽しいハチミツのプロのお店です。



一ノ瀬休憩所に到着。

まだ営業まえなのかお休みなのか閉まってて様子はわかりません。



外にもメニューの紙がいっぱい貼ってあって、隊長がくずきりに目が釘付け。
自家製きな粉がかかってるそうです。
帰りに営業してたら食べたいねぇ♪

立派なトイレが小屋脇にあります。
利用してないので中がどんなかは不明。

小屋を過ぎると立派な橋を渡って、登山口へ。



ここから山道に入ります。

しばらく沢沿いを登っていく道は、涼しくて気持ちがいい。



途中、水場があって冷たくておいしかった。



このアタリまで来ると新緑がまだ芽吹いたばかりの色できれいになってきた。

ムラサキヤシオ?でいいのかな?



登山道に小さな水たまり。
なかにはオタマジャクシくんがウジャウジャ。



こんな狭い水たまりでちゃんと大きくなれるのかな?
がんばれ!




鳩待峠から山の鼻はほとんど木道歩きだけど 、ここは地面を歩くとこも多い。
アップダウンもそれなりに。

ここですれちがった年配の女性が腕を骨折か捻挫をされたらしく片腕を固定してあり歩きづらそうにしてた。

30人くらいのツアーだったけど、ウォーキングシューズの人も結構多くて残雪で滑ったんだろうか。



このあたりのムラサキヤシオが色が濃くて、とにかくキレイ♪



思ったよりも天気もよくてテンションアップ♪

登山道が木々に覆われてくると残雪が現れはじめ、踏み抜きたくなくて一歩一歩が慎重に。



木道が低いとこは踏み抜いてもたいしたことなさそうなんだけど、木道にそれなりに高さがありそうで
しかも雪の固まりの下がえぐれて溶け始めてる残雪なんかが見えちゃったりすると、いまにもズボッ!といきそう。

ゆるやかな木道を進んで風が冷たいくらいの鬱蒼とした森のなかに入ると三平峠に到着。



おなかがペコペコで二人ともおやつを食べたんだけど
ここにいたら冷えてしまいそうでゆっくりできずに三平下へ進みます。



足元にはお目覚めまえのコミヤマカタバミがたくさん。



木々の向こうに小屋が見えて、三平下に到着です。

目の前の展望は、ちょーっと木が邪魔なんだけど透き通るような緑がきれいだからいっか♪



花柄に毛がふわふわあるからチシマザクラかなぁ。ちがうかなぁ。



淡いピンクが重なりあってとてもかわいい。

夢中で撮ってたから隊長がとっくに先へ行ってるのに全然気がつかなかった!

振り返ったらどこを見回しても隊長がいなくて、トイレでも行ったかな?

なんて思ったときに、姿は見えないけど隊長が呼ぶ声。

どこだぁ~?



尾瀬沼ヒュッテ方面へちょっと進んだ木道に隊長発見!



隊長は会いたかった水芭蕉を見つけて写真を撮りまくってたらしい。



ここの水芭蕉は姿が小さくてかわいらしい。
ホウがにょきっと伸びたのより地面すれすれに咲いてるくらいのがキレイで好き。



リュウキンカもきれい!



ほら!こんなちっちゃい水芭蕉。赤ちゃんの手のひらサイズ。



ショウジョウバカマもかわいい。

燧ヶ岳も尾瀬沼から眺めるとさすがに近くて凛々しい姿がよく見える。



ここからはだいたいずーっと木道沿いに水芭蕉が見られます。
しかも小さくてかわいい。

こんなに咲いてるなんて知らなかったからホントにびっくり。





木道沿いには立派なタラノキ!も (えぇ、ハイ。もうわかってます。。。突っ込みは後程。。。。。。)

山菜はワタシはまったくわからないんですが、隊長がタラノメがうまそうだ~うまそうだ~と興奮!



ホラ!このタラノメなんか立派だぞ~♪


でもココは国立公園。どんなにおいしそうな山菜もとってはいけません。





イチリンソウに二リンソウ。(サンリンソウ?)


わぁ。サンカヨウも見られた♪



エンレイソウはそこかしこにいっぱい。






ああ。もうごまかしきれない。。。

アタシのタイツ、派手すぎだよ。。。

このまえ、このデザインだけ廃番だとかで50%オフでしてね。。。

お店の照明だとそんなに派手にも見えなかったんだけど、自然光の下だとありえないくらいのデーハー。。。

見なかったことにしてくださいませ。。。




水芭蕉の群落の向こうに小屋が見えてきた。






ここって、こんなに水芭蕉咲くんだっけ?
去年は見なかったような。。。



ビジターセンターや小屋のあるところまで来ると、突然に人が増えてにぎやかな感じに戸惑う。

大清水からのルートはそれほどたくさんの人はいなくて、前後して歩いてる人の顔も覚えられちゃうくらいに少ない。



それがここにはツアーの団体さんもいくつか。

沼山から入山してきた人たちかな。






ことし初めて会ったシラネアオイ。
鹿に食べられないでがんばって咲いてる♪



懐かしい一年ぶりの場所。

さぁ、ワタクシここからはガイドさんになるのです!

去年のヤマケイ×サントリーイベントで教わった花や景色をぜんぶ隊長にも見せてあげたい。

おっとその前に!

おなかがペコペコなもので、売店へ♪



草餅とオールフリー♪

去年までここでは売ってなかったオールフリーがたくさん水槽で冷やされてた。スゴいね!

ホントはお昼ごはんにとっておこうかと思ったんだけど
やっぱ冷たいオールフリーの誘惑に勝てずにここで飲んじゃった。


隊長サマは足りないので大福もたべてました。。。
桧枝岐で作ったのかなって期待したんだけど、なぜか製造元は北海道。
ちと残念だけどおいしかったからいーかな。



喉も潤ったのでガイドに出発しよう。

まずご案内しますのはトガクシショウマ。



それとツバメオモト。



あの日から結局ワタシも他では見られなくて、一年ぶりの再会♪


よかった。今年も咲いててくれた。


さらに進むとシラネアオイ。




どっさりと見ごろです♪

この場所は去年たけさんに連れてきてもらって、片手に酒な工場長さんと3人でボケ~っとした記憶。

沼のほとりにはエンレイソウもたくさん。



去年はここからの景色がなかなか見事などんよりっぷりで
肝心の尾瀬沼の大きさがぜんぜんわからなくて残念だったんだけど、今日はぐるっと反対側までよく見える。



せっかくだから沼尻に向かって、尾瀬沼ぐるりっぷにしよう!

燧ケ岳への分岐を右にわけて進みます。








先月尾瀬ケ原でちょこちょこ見かけたワタスゲの花は白い綿毛の赤ちゃんのようなのが出始めて、ふわふわしだしてる。
背もぐぐっと高くなってるし。



これがあの真っ白いふわふわりんになるんだねぇ。



口あけて待ってたって何もあげないよ~ん♪









タケシマラン!



よかったぁ。ちゃんと見つけられた!
今回ちゃんと探せるか一番心配だったのがこの子だったもので。。。




去年は燧ヶ岳からここへ下山してきたんだった。

ここまでの長英新道は長くて長くて。。。



あら~。ちょっとその燧ヶ岳が隠れてきちゃった。





そうそう。沼のまわりではたくさんの人とすれ違って、平日でも尾瀬は人が多いね~なんて思ったんだけど
よく見ると、みなさんガイドの研修中のようです。なんかそんなパスをぶら下げてました。















沼からの風が届くところは意外と寒い。







タテヤマリンドウもことし初めてかな?







沼尻の休憩所が見えた♪

その2へ続きます。

↑このページのトップヘ