yama+café

おいしい山のぼり

2016年05月

また息子と2人でハイキングに行ってきましたー🎵

山道ドライブの練習もかねて今回は筑波山へ。
(え?どこが山道?とか言わないで!)

筑波山神社のとこの駐車場は満車だけど鳥居より手前は空いてたので、
ホッとして駐車場へ〜と思って支払機へ行ったらなんとお財布に五千円札しかない!(゚o゚;;

小銭か千円札しか受けつけない機械をうらめしく眺めてても
どうにもならないのでバックして神社方面へ車を走らせます。
後ろにいた車にもバックさせちゃってほんと申し訳ありませんT^T

とりあえずどっかお土産屋さんでお金を崩そうと思ったんだけど。

結局、お土産屋さんの駐車場にも1日500円で停めさせてもらえるのでそのまま駐車。

今回の教訓。
小銭もしくは千円札は必ずお財布に入れておこう!

10時半、ペコのオムツを替えて準備したら出発。

メールがきてたので隊長に電話しながら歩く。

無事に着いたか心配してたようで(^_^)v

駐車場のドタバタを報告して出発。



さすが日曜日!
結構たくさんの人が遊びに来てます。

骨折してから密かに目標にしてたのが、この筑波山。
いつものコースを背負子で登れたら、もう大丈夫じゃないかなと思ってね。

ケーブルカーの脇を登りますよー。



うおー。人がいっぱいだー。

でもね、登っていくうちに早い人、遅い人いろいろなのでバラけてきます。





ほら、もう空いてきた。
つぎの渋滞に追いつくまでは空いてます。

直射日光は当たらないけど風もなくて暑い!

久しぶりに大量の汗。

写真を撮ってたら、隊長からFaceTime。
結構ハマってるでしょ、隊長。
最近FaceTimeばっかだよ。

隊長の顔が見られてペコもニコニコ。

でもね、スピーカーで会話がだだ漏れだから、たまごがひとつ、たまごがふたつ、パンダのおめめがつけまつげ〜!とか歌ってるのが周りにいる人たちにまる聞こえよ。





水場に到着。

ここまで来ればだいたいあと残り三分の一かな。

スタートから追い抜き追い越されしながら、結局だいたいの人が同じペースで歩いてます。

歩いてる人の格好は軽装の人と登山スタイルの人と半々くらいかなぁ。

軽装の人に多いのが、ダーッと登ってはしょっちゅう座って休憩の繰り返し。

わたしは遅いけど休まないで同じペースで登ってるから、追い越されるんだけどまたすぐ追いこすことになっちゃう。

山はカメさん歩きのほうが疲れないよ。

でも疲れたら帰りは乗り物利用しちゃえばいいし誰でも気楽に遊べるいい山だよね。




最後の階段登りのあたりでとうとう寝ちゃったわ。



頼む!
風をくれ!

蒸し蒸ししてほんとに暑い!
しかも疲れて足が上がらなくなってきたー。



ぜぇぜぇ言いながら到着!
やっぱりペコ重い!



景色ながめたりとか一切しないで真っ先に売店でご褒美購入!(笑)

ペコが起きるまえに食べちゃわないと。

食べ終わったとこでタイミングよくペコさんお目覚め。

じゃあお昼ごはんにしようね。




ペコのごはんだけは離乳食完了してないから作ってくるけど
わたしの分はコンビニめし。







あ〜ぁ。腹ごなしに行っちゃったよ。



まだ食べてる途中でもおかまいなしに脱走するからね。
左ほっぺにまだオムレツが入って膨らんでるよ〜!


なんとか完食したら白雲橋コースで下山ですよ。

そう。
山頂はめざしません!ここまで来れればいいの!

御幸ヶ原から女体山へ向かう途中、日陰でいい感じのとこにはたくさんのグループがシートを広げてランチ中。

そっかー。
こっちで休憩すれば直射日光あたらなかったのね。
次はわたしもこっちにしよう。




これマムシ草よね?
実が赤くなるまえのって初めて見たかも。




がんばって腕のばして自撮りしてたら反対側から来た方に、
撮ってあげるよ〜って言われてありがたくお願いしちゃった。

BlogPaint
 

ペコとツーショットうれしいな🎵
満面の笑みでございます。
 



ここまでの無事の山歩きの御礼をいって。



ハイ!女体山山頂〜。

あれ?山頂いかないって、さっき。。。

だってここまできたらついでだし。



遠くは霞んじゃってるけど気持ちい〜ぃ!





女体山の直下はちょっと急で狭いので下りる人と登ってくる人で大混雑。

急いでるわけでもないしのんびり待ってから出発します。




こっちも新緑がキレイね。




白雲橋コースは奇岩がいろいろ楽しいコース。



一番有名なのはコレかな?弁慶七戻り。

しかし若者スゴい。。。

あ、でも通り過ぎるときにパンツ裂けたとか言ってるの聞こえちゃったよ!(笑)




むかし茶店があったとこ。
それをリアルタイムで知っているというと年がバレるのです。。。

いまはテーブルやベンチがいっぱいあって景色もいいのでいい休憩スポットになってます。

どんどんどんどんどんどん下って、もう少しで白蛇神社というあたりで、ペコがぐずぐず。

背負子でグズったの初めてだわ。

あやして笑い声になってもまたすぐぐずるから、
どうしたのかなぁって手鏡で後ろを確認したらペコがいない!

え?なんで?

あわててザックを平らなところで下ろしたら、ペコさんなんとかして背負子から脱出したかったみたいで
斜めに落っこちかかって、
でもベルトから抜けられないからものすごい格好になってました。

あっぶね〜!




降ろしてあげたらご機嫌になりました。
しばらくここでお遊びタイム。

うーむ。
やっぱり途中で何回か遊べないともうペコがもたないな。。。

しばらくご機嫌をとってから再び背負子に入ってもらい、
なんとか 笑わせながら下山。 

えぇ、アンパンマンとか歌いながら下りるのはなかなか恥ずかしかったです。


2016-05-22-15-19-05


ロープウェイからの道と合流するとしっかり整備された道に変わり、



2016-05-22-15-21-40


鳥居をくぐって登山道はゴール!

あとは舗装道路を神社の方へ向かえばスタート地点へ戻ります。



2016-05-22-15-24-19

なんか神社で儀式か何かをやってました。


隊長の電話で家にアイスがあるのがわかったので、下山ご褒美アイスはさすがにあきらめて真っ直ぐ帰宅。

おしまい。

ペコがまだ夜中おっぱいを欲しがるんだけど、まぁそれはいいとして。

沿い乳で飲みながら、フリーな片手でわたしのお腹やら胸やら叩くんですよ。

しかもかなりな勢いでバチーンバチーン‼️

痛いから!

マジで肋骨ヒビ疑惑です。
やっと治ったけど1週間くらい咳すると肋骨に響いて痛くて痛くてT^T

もう少し母ちゃんを労ってほしいなぁ。

そんなことはさておき。
最近はあんまり増えなくなった山道具。

この前、ぺこと2人で山に行って久しぶりに買わなきゃ〜って思ったのはコレでした。

ボトルホルダー

 

座って休憩するほどじゃないけど一口飲みたいときってあるじゃない?
わたしだけ?

いままでは隊長と一緒だからお互いのザックのポケットから出してあげてたんだけど、
1人だとそうはいかない。

ハイドレーションはプラスチックの味が苦手でムリ。

もちろん、ぺこに飲み物とって〜ってお願いしてもムリ(・・;)

そんなわけで誰でもとっくに持ってそうなのに、
意外といままで必要なくて買わなかったボトルホルダーをとうとう買ってしまいました。


ベルクロで取り付けられて、サイズも調整できて便利。
最大1㍑まで入れられるようです。

早速、山で試したいわ〜って思ったら毎週のように火曜日は雨。
早く使ってみたいから次のお休みは晴れてー!


今年のGWは初めて仕事以外で充実したお休みでしたー!

前半は三毳山ハイク、後半は里帰り。
最終日のお天気が晴れマークだったので、この前三毳山歩けたし行けちゃうかも?ってことで
筑波山のお隣、宝筺山へ行ってきました。

隊長には疲れたらケーブルカーに逃げられる筑波山を勧められたんだけど
事前に調べたらGWの筑波山の混雑がなんだか凄まじいようで、
ちょっと近寄りたくない感じ。

じゃあお隣のお山なら?

過去ブログとか調べてたら、どうやら穴場的なかんじで空いてるみたい。

ワタシの運転でも行けそうだしね!

朝ごはん食べて準備して、
ペコを乗せて出発!



道は意外と空いてて割と普通に登山口のある小田休憩所に到着。

が。

駐車場が空いてなーい!

3箇所全てぎっちり停まってて余分なスペースはなし!

待ってたっていつ空くかわかんないしどうしよう。。。

とりあえずUターンして、他の登山口に移動するか考えながら徐行してたら、
駐車場の脇の看板になにやら🅿️のマークが見えたような?


窓を開けてよく見ようとしたら、そばに立ってたボランティアさんが、
信号まっすぐ行って左に曲がって右に曲がった肉屋さんの隣に駐車場があるからね〜、
すぐ近くだから大丈夫だよ!と教えてくれました!


助かったぁ*(^o^)/*

帰りに撮った写真だけどこんな感じ。
 



小田休憩所の駐車場から出て小田十字路の信号を直進。

神社に突き当たって道なりに左へ。

BlogPaint


 
すぐ右折してお肉屋さんの隣に広い市営駐車場があります。



歩いて登山口へ行くにはさらにショートカットできます。

BlogPaint



ワタシの運転技術だとむしろこっちの方が広々して停めやすくてよかったかも!(笑)

母子山行も2回目になれば慣れたもの。
テキパキ用意して出発。
(隊長がいるほうが準備に時間かかるかも。。。)

小田休憩所でお手洗いをお借りしていきます。

山頂直下にもバイオトイレがあるステキな山だけどペコを外で待たせられないし、
中で立たせとくのも大人しくしてないし。

えぇ、帰りにもトイレ寄ったんだけど、立って待っててもらおうと思ったら大変だったんですよ。
女子トイレだからね。
トイレの端っこに特別な入れ物とかあるじゃない?
あれ触ろうとしたり、便器のなかに手を突っ込んで水をパチャパチャやろうとしたりね。

反省しました。
まだ大人しく待ってられる月齢じゃありませんでした。
母ちゃんが悪かったよ。。。

結局、ベビーキャリーに乗せたままトイレ内で待たせるのがベスト。

それには広いトイレじゃないとね。
いろいろ大変だー。

登山マップもここでもらえます。

で、ペコと2人。
前にも歩いてるコースが安心だし、また極楽寺コースへ。

妊娠中にも歩いたコース。

田植えしたばかりの田んぼの水面がキラキラしてきれい。



あの鉄塔のとこまで登るよ〜!
 




炎天下で登山道入ってないけどすでに汗ダク。

お花に癒されます。



もちろんペコの笑顔にも(*^o^*)





登山道に入ってしまえば空気はひんやり。

吹き抜ける風が気持ちいい。

ときどき立ち止まって深呼吸。
空気がおいしい。



小さなかわいらしい滝がいくつもあってひんやりした風を送ってくれる。

駐車場の満車にビビって山はどれだけ混んでるのかと思ったら、前後に歩く人はいなくてとっても静か。

ときどき前を歩く人に追いつくけど、
また離れてしまえば誰もいなくなってしまう。

違うコースを登ってる人が多いのかな?



なんだか背中がずっしりした気がしたんだけどどうやらペコさん爆睡のよう。

途中、喉が渇いてベビーキャリーを降ろして休憩してもずっとペコは爆睡中。

自然の風が気持ちよかったかな?



あと1㎞!

ここから山桜の森までがちょっと登りらしい登り斜面。

ゼハーゼハー言いながら登ってると
隊長からFaceTime。

電波が悪くて途切れ途切れだけどなんとか話せた。

話してるあいだも通り過ぎる人たちにお母さん逞しいね〜とかすごいね〜とか驚かれる。
そんな会話もFaceTime通して隊長にも聞こえたそう。

また山頂着いたらメールする約束して出発。



ちょっと見晴らしがよかったりするとこも。

ここからは平坦になって汗もひいていく。



コブシや山桜がきれいらしいんだけど
今年もその季節に来られなかったなぁ。

来年こそ!

新緑の森はすごく気持ちが良くて、ペコが寝てるのが残念。

この景色、見て感じて欲しかったけど
寝てるものは仕方がない。



コブシの森を過ぎてからは道の両側にツツジの花が満開!

ほんとにたくさん咲いててウットリ。
蕾の木もあったからまだまだ楽しめそう。

ここからはペコもお目覚めでツツジを見てたよ。



バイオトイレを通り過ぎて最後のひと登りで山頂へ。



わーい‼️とーちゃく*(^o^)/*

山頂広場には10個くらいテーブルとベンチがあったけど満席。
すごい人気ね〜(°_°)

まだペコはベンチに座らせると遊んじゃってひっくり返ったり危なそうなので
ピクニックシートでランチ。



筑波山を眺めながらのランチ。
最高においしいね。

こんなに暑くなると思ってなくて大人の飲み物はアクエリアス500mlのみ。
少しでも荷物軽くしたかったんだけど
油断してたわー。
ちびちび飲んで下山までもたせないと。

さすがにペコの水筒狙ったりはしないわよ!



山頂をお散歩ついでにペコの写真撮りたいなぁなんて思ったけど、なかなか。。。

何回か呼んでやっと!



あいっ!

いいお返事ね(笑)

さぁじゃあ帰ろか〜とペコをベビーキャリーに乗せたところで、
ブログを見てくださってるという小梅さんにお声掛けいただきましたー。

いつも出会いの少ない平日登山組なので
なかなかピンとこなくて、ぼけーっとしてしまってハッと意味がわかってからは緊張で焦る焦る!(笑)

もうほんとに恥ずかしいくらい支離滅裂でスミマセンでした。。。




下山は小田城コース。

極楽寺コースは下りに使うと滑りやすいかなぁと思って。

ストック持っていけよ!って隊長に言われたのにすっかり忘れてきたので、
コケないように慎重に下りないとね。

すぐ前をおじいちゃんと歩く男の子。

おじいちゃんは山のベテランぽく、男の子に歩き方を教えてる。

男の子はベビーキャリーのペコが気になるみたいで何回も振り返ってこっちを見てる。

ちゃんと自分で歩いてえらいねぇ。
何歳なのかな?

5歳‼️

右手をおっきく広げてニコニコしてお返事してくれた。




そうか。4年後もまだこんなにかわいいのか!
ペコは男の子だし、いつ頃可愛げがなくなるのか
母ちゃんなんかどうでもよくなるのか心配だったんだけど
少なくとも5歳くらいはまだかわいいわね。安心した🎵





下浅間からの眺め。

田んぼがキレーイ。 





こっちのコースにもツツジがあちこちで咲いてた。

道が平坦になってダラダラ歩いたらゴール!

駐車場にはまだまだ車がいっぱいで、
地元の人しか知らないようなローカル山だと思ってたんだけど
ボランティアさんがきちんと整備したりして人気がでてきたのかな?

山頂が広くてペコを遊ばせるのにちょうどいいし、これからたぶんしょっちゅう登りに行くと思います。

そうそう。
ひとりで息子担いで登るのに必需品だわ!買わないと!って思った物がひとつ。

早速ポチッたので届いたらそのお話も。

↑このページのトップヘ