yama+café

おいしい山のぼり

カテゴリ:山登り > 子連れ山あるき

今年の天気はほんっとに微妙!

なんだか梅雨明け宣言してからの方が
天気悪いよね?

夏休みが近づくと、アッチコッチの山の天気予報を見比べるのは
恒例行事のようなものだけど。

ぺこが産まれてからは、さらに条件が加わって
コースタイムが極力短いところ。
本人が歩きたがったら、歩かせても
危なくないこと。
この条件をパスしつつ、
できれば大人もうれしい展望がよくて
花がきれいなところ。

あぁ、まったく欲張りな


そんなわけで出かける直前、もうほんとにギリギリの前日夕方にプラン決定!

今年は「キャンプして月山登山!」

登山口に近い月山弓張平キャンプ場に泊まることに決定!

ところが初日は予報よりも天気が悪くて、
テントデビューにはあまりにもな感じであっさりコテージに変更

翌日、なんとか晴れてくれたので
オートキャンプに無事に切り替えてテント設営。

でももう少しでぜんぶ張り終えるというとこでまたもや雨☔️

予定では翌日に月山に登るつもりにしてたから、明日だけは晴れてくれ!と祈るような気持ち。

山に登る以外はなんにも決めてなくて、
ごはん食べたり買い出ししたり温泉♨️入ってグダグダ過ごす。
(ギリギリまで行き先決まらなかったから山以外の遊びスポットがわからないのね)

それだけでも1日があっというまに過ぎていく。

そして。

さぁ!

いよいよ登山当日!

晴れたよー




お天気の神様ありがとうございます





ぺこが寝てるすきにどんどん準備しちゃおう!

ていうか、キミちゃんとお布団かけて寝られるんじゃん!
家では赤ちゃんの頃からぜーったい布団をかけないぺこ。

ちゃんとお布団かけて寝てるの初めて見たよ!(笑)

朝ごはんは昨日多めに炊いたごはんの残りを雑炊にして簡単に済ませます。

問題はお昼ごはんなのよ。。。

大人は前日にスーパーで買ったパンいろいろ。

ぺこはどうしよう。
この子の山食で困るのはパンがあんまり好きではないところ。

最近少し食べるようになったけど、
基本は米と麺類の方が好き。

でも月山では、山頂に行くとするとのんびりまとまったお昼休憩の時間はとれないかも。

ちょこちょこ休憩入れておやつ多めでいく作戦にして、
まだなんとか食べそうなアンパンマン蒸しパンとみかんゼリー(大好物 )、
おやついろいろを持って行くことにしました。





キャンプ場⛺️から月山登山口の駐車場まではあっというま。

駐車場にはものすごくキレイなトイレがありました。

ここからリフトの駅まで少し歩きます。

久しぶりの太陽の下、暑さにやられながら歩きます。




リフトの駅が見えた

まるで山頂着いたかのような感激。
だいじょうぶか、わたし

そうそう。
道の駅にしかわにリフトの割引券がありました。


ちなみにリフトにどうやって乗るかも悩みどころで。

隊長がザック二個で、わたしがぺこと並んで落ちないように抑えてるつもりだったんだけど。

リフト乗り場のお兄さんはさすがベテランでした。

ぺこは抱っこで乗ってよくて(そのほうが怖くない)荷物だけ後ろのリフトに乗せてくれました。





ザックだけ乗ってます😊





このリフト。
とっても低くて、隊長は足をあげてないと下の草花をこすってました。

リフトに乗ってるだけでキレイな高山植物たちを見られてテンション



素晴らしい眺め!

ぺこも歩く気になって、木道をぐんぐん進みます!

が。

すぐに後ろから悲鳴が

隊長がボウゼンとしてるじゃないですか。

なに?なんかやらかした?

「SDカード忘れた!

はぁあ?

この絶景を目の前にしてナニ言ってんの?
冗談でしょ😱

家のPC🖥に差し込んだままだ!

リフト降りたとこに売店あったから、行ってみる!

イヤ、さすがにSDカードはないだろう。

無いとは思うけど、一縷の望みをかけて
隊長だけ走っていきました。

もうたぶんショックがひどくて、そうでもしないと諦めつかなかったんだろうね。

にしても今日は旅の3日目。
昨日までに気がつけば、普通に街中で買えたのにね。

昨日までは雨続きで隊長がカメラを出すことがなかったのが災いしたみたい。




あ〜あ。
花の百名山なのにね。
ここから先にはキレイな景色がいっぱいよね。

3人できた初めての夏山なのにね。

ネタとしては最高だけど、いらないから!

愚痴はとどまることがないけど、
まぁでもiPhoneがあってほんとに良かったよね。

これでiPhoneのバッテリーもなかったら
思い出は目に焼き付けるだけになるとこだったよ。





隊長が帰ってくるまえに少しずつでも進んでおこう!



 

そのはずが、お花がかわいすぎて進めない!

あんまり立ち止まってると怒られるし。

マーマー!おぃでー!





むしろぺこの方がちゃっちゃと進んでるかも?

そうこうしてるうちに隊長が追いついてきた。

「なかった

まぁ、そうだよね😓




気持ち切り替えて楽しもう❣️






切り替えちゃった人がもうひとり。

「おんぶー‼️」

え。もう?

ハイハイ。かあちゃんがんばるよ。。。





前に月山へ来たのは秋。

紅葉も素晴らしかったけど、
この青空と残雪、緑のコントラストもなんてキレイなんだろう。





次々と現れるお花たち。





とにかく広い空とどこまでも続く稜線。
ここが2000mに満たない山とはとても思えない景色。

さすが東北!





そして目の前にどーんと現れた雪渓
事前に問い合わせたときに今年は例年より雪が多くて軽アイゼンがあったほうがいいと
言われていたので一応持ってきました。

けど実際に雪渓を見てみたらかなりグズグズでツボ足で大丈夫!
問い合わせから3、4日経ったから雪解け進んだかな?


残雪見て興奮しちゃったぺこ。

おりるー!おりるー!

いや、ムリだって。。。

がんこものは一度言い出したら聞かず。
念の為と思って持ってきてたハーネスをほんとに使うことになるなんて!




歩きはじめの一歩で案の定ずる〜〜〜〜っとすべる。
また一歩。
やっぱ滑る。

転んでばっかで諦めがついたようです。

おんぶ〜

うん。でも体験できてよかったね。


そうそう。
ハーネスは海外通販で見つけたSALEWAの。

高山の稜線歩きとかで万が一の保険として買いました。





そして、雪渓でもぺこを背負うのはもちろんかあちゃん😓






豪雪地帯の月山。

夏がスキーシーズン🎿
さすがに7月の終わりは、もう滑りにくいみたいだけどみんな上手いなぁ。





ヨツバシオガマ。







チングルマはもう穂になってるところも。












ぺこを背負ったまま屈んで写真を撮るのはほんとにしんどい。

でもキャリーの中のぺこは、私が屈むと姿勢が辛いみたいでかがむたびに「いたいのー!😡」
怒られます。。。暴れます。。。

そんな揺らされる状態で必死で撮った
ボケピントキソウ。 





シロバナトウウチソウ。でいいのかな?



トンボがいっぱい飛んでてそのおかげかあの憎っくきブヨがいなくてね。

ものすごく快適な稜線散歩。

実際には散歩とは言えないくらい
ヒーハーしてるけど!😭





すんごい時間かかって姥ケ岳到着。
ヤバい。このペースだと山頂ムリじゃないの?




いやいや。がんばれば行ける!
諦めるなワタシ!

といいつつ、ちょっと休憩。
疲れたー‼️






登山道にはいろんな花が咲き乱れ、少し進むとまた違うお花が出迎えてくれて元気をくれる。





ミヤマウスユキソウ。

すんごい大量に咲いてた!






鮮やかなミヤマリンドウ。






ハクサンシャクナゲ。





振り返ればこんな雄大な景色がどーん!







空がひろーい‼️

気持ちいー‼️





そうそう。

ここらへんでiPhoneのバッテリー残量🔋50%くらい。

飛行機モードにしてもバンバン写真撮ってるから減っていくのは止められない。
そもそも最初から76%くらいしかなかったし。

下山までもつか?




なんだか普通のハクサンイチゲより
花びらがいっぱいピラピラしてるけどハクサンイチゲでいいのかな?





くるりんぱのミヤマホツツジ。







ウラジロヨウラク。






トモエシオガマ。

なんでか惹かれるお花。 






ハクサンフウロも元気いっぱい。















あああっ😳
この子はウズラバハクサンチドリじゃないの!

大朝日岳で小屋番さんに教えてもらった思い出深い花。






アカモノ。







コイワカガミとチングルマ。







太陽に向かってピン!と咲くイワイチョウ。


















鞍部について登りに入る前の休憩スポット。
これから登る人、降りてきた人でいっぱいでした。


さすが信仰の山。

白装束の方とも大勢すれ違います。





そうそう。

ちょうど高校総体の時期で、全国から高校山岳部が集まってました。


次々と地図とコンパスを片手にした高校生とすれ違います。

ゼッケンつけてるからどこから来たのかわかって
いろいろ応援したくなっちゃう📣





平らな道が終わり、ひたすら岩階段登り。





振り返ればこんなに登ってきたよ〜!







もう隊長に追いつけない。。。







すれ違うみなさんから
『ママ、がんばれー‼️』

ご声援ありがとうございますー😭





やっと登りが終わって、神社が見えたこの瞬間。
全身から力が抜けた気がしたわ。

ここまで来たらあと少し!
山頂にたてる!







小屋脇のトイレに寄って
あと一息の神社を目指します。













今更だけどトイレから歩き出した人。

ストック見せたら最後、持たないと気が済みません。

ストック持つと歩き方がへたくそになって進まないからヤなんだけど😓

だからいつもはストック持ってこないんだけど、今回は雪渓あったからねぇ。。。







神聖な月山神社⛩は撮影が禁止されてるので、写真はここまで。

受付でお祓いをしていただき、奥の本宮でお参りしてきました。

前回来たときは紅葉終盤🍁でシーズンオフだったので、神社はもう扉が閉められていて神主さんも山を下りてたし、
改めて今回きちんとお参りできてよかった!


登ってくる途中で会った信仰登山で来てた女性に教えてもらったジンクスみたいなのもやってみた。

お社の屋根?庇みたいなところに
まるい鏡が2枚あって、
そこにお賽銭を投げて当たると願いが叶うそうです。

一回では当たらなかったんだけど、
神社の方が何回でもやっていいよ〜というので
隊長が元野球少年のメンツにかけてチャレンジ!

無事に成功!

わたし?
いいのよ。神頼みじゃなくて自力で叶えるもん。。。





最高の景色を眺めながら少し慌ただしく
みかんゼリー🍊をたべて、元気がでたら早速下山しなければ!

帰りのリフトに間に合わなかったら大変‼️





下山のぺこは最初から隊長の背中におぶってもらいます。


私が背負って雪渓降りたら時間かかりすぎるし、ましてや転んだら大変だし。

雪渓歩きは悔しいけど隊長のほうが上手いので、ぺこをお任せします。

ただそんなことは許さない人がいるからね。。。

キャリーを隊長が背負うとわかった瞬間、パパだめっ!アプッ‼️

ギャン泣きが始まりました。。。

でも今回は我慢してもらわなねば。

雪が無くなったらママに変わるからね!

隊長が説得しながら岩の斜面を一気に下りていく。

私はというと。
隊長のザックになったら身軽にはなったんだけど、登りの疲れでやられてて
もうスピードなんて出せません😓

あっというまに隊長に離されてひとり旅。
ときどき下のほうから、
マーマー!!と呼ぶ声が聞こえる。

泣いてはいないみたいで安心、安心。

早く降りて来いよ!ってことかしらね。

それでも7、8人追い抜いたとこで隊長が休憩して待っててくれたとこに追いついてゼェハァ😣






牛首の分岐から帰りは姥ヶ岳を経由しない方のルートで。







一つめの雪渓。

結構長い。

けど私のへっぽこ歩きでもツボ足で大丈夫。

ずーーーーっと前のほうをぺこを背負った隊長が歩いてます。





二つめ〜。

こちらも結構長い。

後ろから来る中高年グループの皆さんは
慣れないひとが転んだりしてたけどはしゃいでる声が楽しそう。


このあと短めの三つめ雪渓を通過したら雪渓はおしまい。









ニコニコ隊長におぶわれてる割には、
雪渓が終わったら、ママがおんぶするからね!の言葉を
ちゃ〜んと覚えてたみたいで、
リフトまであと少しなのにママに交代の要求が。。。

かなり休ませてもらったから大丈夫だけどね。
ママ、残り少し頑張ります!







頑張ったのご褒美のように咲いててくれたタカネバラ。

朝歩いた道と合流したらリフトの駅は目の前。

リフトではまた親子3人で乗って後ろにザックを載せてもらい無事に下山。


そういえば。

また山頂いくの忘れちゃったよ。
初めて行った紅葉の月山レポはコチラ!ルートは違うよ!

あははー🤣


3度目の正直?

二度あることは三度ある?


テント泊最後の夜は、みんな大好きなカレーライスを食べて
寝る前に慌てて花火をやって。
最高に楽しい一日でした。

翌日。テント撤収して最後に車に乗るときにぺこは大号泣

「テント、もっかーい!!!!」

ウンウン。楽しかったね。
また来ようね


翌日の保育園では元気に過ごしたものの、トイレは失敗しまくり!

汚れたパンツや服をいっぱいお持ち帰りしてきました。

夏休み中は子どもトイレなんかどこにもないから、オムツで過ごしてて
トイレの感覚忘れちゃったよね😅

でも一日で感覚は戻ったようで次の日からは
また普通に成功できました!

外出先でのトイレ問題。
立ってできるようになるまではまだまだ解決は難しいなぁ。。。

みんなが楽しかったテント泊&登山。
9月になった今もぺこはテントごっこを家でよくやってます。
気に入ってくれて本当に良かった。

年内にもう一回出かけたいなぁ。仕事がなぁ。。。。。。ふぅ。。。

夏休みレポ、おしまい  

もうね、5月に入ってからずっと隊長がそわそわしてるのよ。

尾瀬の雪どけのこととか、テレビやネットで情報集めてそわそわ。

でもねぇ。
尾瀬に行くときは夜中の2時に出発とか言うから、わたしはヤなのよ、いつも。

出かけるときはいつも、やっぱりやめたい寝てたいっていう気持ちと格闘して
グズグズしながらやっとなんとかカラダ動かしてる感じ。

そんなわけで今回もグズグズ準備して、ぜんぶ荷物積み込んで最後に爆睡中のぺこを抱っこ。

でも車に座らせてるときにどうしても起きちゃうんだよね。
ごめんね。

でもグズることもなく、
ブーブ?って聞くだけで素直に乗って自分でチャイルドシートのベルトをぱちん!

車がだいすきな息子でよかったなぁ。

梅雨に入って天気予報では気温も最高で13℃くらい。
☀️のち☁️予報。

のはずだけど、尾瀬に近づいても霧雨降ってるしガスだし。あら〜?

駐車場に車を停めて乗り合いバスに乗り換え。
バスがだいすきなぺこはこれもスムーズにクリア。

そういえば電車やバスに乗ってグズったこと一回もないわ、この子😅
筋金入りの車両フェチ?


鳩待峠に着いても、まだ霧雨がすこし。
1週間前くらいのヤマレコ情報とかで
まだ残雪あるふうだったので、ぺこは長靴で。

準備したり朝ごはんたべてたら、山荘のおじさんがでてきて少しお話。
期待してた雪はもう溶けちゃったみたい。
そりゃそうだわね。いくら雪が多かったとはいえもう6月。



そんなわけで唯一残雪が盛ってある鳩待峠で雪体験!(笑)







いろいろ興味深いお話を聞かせてもらったんだけど、
印象に残ったのをひとつ。

尾瀬は水が美味しいなぁという印象があったけど、それは見晴らしから先、燧ケ岳方面の湧き水のことで山の鼻のほうのはおいしくないんだそうな。

燧ケ岳は火山🌋でできた山なのに対して
至仏山は時間をかけて隆起してできた山。
堆積物を通って流れる水だから酸性なんだそう。
おもしろいなぁ。






スタートは相変わらず元気よく歩きます。

歩荷さんに興味津々。




登山道脇には延齢草がいまを盛りに咲いてる。

進んでも進んでも延齢草がたくさん咲いていて感動。
こんなに咲いてるの初めて見た。


今年は雪が遅くまであったから、
いま一気に咲きはじめたのね。



ショウジョウバカマも久しぶり。
っていうか何年振りですか?




ぺこ、雪に興奮。
ぜんぜん離れないし。





イワナシ。
なんてかわいいの😍




タケシマラン。

気がつかないで通り過ぎちゃったんだけど、
ちょうど後ろからきたツアーのガイドさんがタケシマランが咲いてますよの
声に、えっ?って振り返って戻ったのでした。

マーマー‼️

呼ばれてたんだけど、
ハイハイ。ちょっと待ってー!

撮るのに夢中になってたら、ガイドさんに
ママは君よりお花に夢中だよってからかわれちゃった。



人だかりができてる場所には白根葵。

まさか、今日見られるなんて!



木道歩きは楽しいな🎵


モンベルの長ぐつも歩きやすいようね。








意外とやる気を見せております!

が。突然スイッチが切れるのが幼児というもの。

順調かと思ったけど、山の鼻まであと15分くらいのとこで「だっこ〜!」

キャリーに乗ったと思ったら、即効で寝てました。
おしゃべりがピタッと静かになるから
見ないでもわかるのよね。

寝てると足がぶらんぶらんしちゃうから
長ぐつが脱げて落っことしてたんだけど、
かあちゃん気づかずにいたら、
後ろから来てた方に教えてもらえました。

まだほとんど履いてないのに片足無くすとこでした。

ほんとにありがとうございました😊





去年工事中だった休憩所も広々テラスがステキになって、そろそろオープンかな?
(6月下旬オープンだったらしいのでとっくにやってるよね😅)






さて。
下調べ(隊長の!)では、研究見本園の水芭蕉が見頃らしいので早速。


ちょっとお山はガスで隠れちゃってるけど、このお花畑に会えれば十分。




右も左も水芭蕉でいっぱい!
今年も会えたね〜😍





目が覚めたぺこは通りすがりのグループの皆さんとタッチでご挨拶。




リュウキンカも見頃。


しっかり目が覚めたぺこはおしゃべり復活。(うるさいのよー。。。)

ママ見てぇ!
やま、おっきぃー!

うんうん。おっきぃね🤗





いったん起きるとおしゃべりの止まらないぺこ。
ちなみに返事しないとするまで話しかけてきます。
そして同じやりとりが飽きるまでだいたい20回は続きます。。。


山の鼻から10分くらい進んだところで
ぺこがぐずり出す。

おんぶバイバイ!
あるく!!

どうやら退屈しちゃったみたいね。

でも木道は狭くて出来ればベンチのあるとこでおろしたい。

ものすごい嫌がって降りようと暴れてるのを宥めすかして、なんとかベンチへ辿りつく。



まだ朝のうちは寒いので
モコモコフリースのぺこ。

幼児の服装は難しいね。
風邪ひいて保育園休んだら元も子もないし。
かといって厚着もねぇ。


















初めて見た!

シロバナのタテヤマリンドウ?







歩いてるうちに晴れてきて燧ケ岳がてっぺんまで見えるようになった!

写真撮るから待ってね〜というとおとなしく待つぺこ。


でもおとなしかったりグズったりするときは眠いわけで。

このあとすぐにおんぶになりました!





行く先にいるグループ。
なんか撮影っぽい。

水芭蕉の時期だからかなー?

だんだん近くなると、あらー?

知った顔がひとり!

たかさん?

まさかの2度目のバッタリでした!
まぁ、たかさんは尾瀬はホームだろうし、
会う確率高いよね。

でも再開にびっくり。

撮影隊のガイドをしてたようで
お邪魔しては悪いので
ちょっと挨拶してお別れ。



至仏山と水芭蕉の定番スポット。
でもここの水芭蕉はもう時期が終わりね。






ああ、ほんとに尾瀬はどこを切り取っても絵になるわねー。

龍宮のすぐ手前のベンチでお昼休憩。





久々のホットサンド💕





だいぶバウルーにも年季が入ってきたわね。

今回のミッションは、じつはこのバーナー使用。

夏のキャンプに向けて、ぺこにバーナーでごはんを作ることを教えて、
触ったら熱くて危ないことを教えようと
思ってました。



おいしそうに焼けたよ。
(たとえ中身がぜんぶコンビニ食材だってね!)



が。

作ってるあいだも
ホットサンドたべてるあいだも
肝心のぺこは爆睡。





やっと起きたとこで、持っていったごはんに温めたレトルトカレーをかけて
ぺこのランチの出来上がり。

夏場のぺこのごはんをどうしようか
考えたら、これが一番食中毒とか心配なくて、かつよく食べていいかも。

肉や玉子のおかずは夜中に家を出てくるとすると前日に作ってになるので
さすがに夏場は痛みが心配。

大人は気にしないレベルなんだけどね。





なんて贅沢な景色のなかで遊んでるんだろう。

でも本人わかってないよね!(笑)

カエル🐸の鳴き声が聞こえてて、カエルー!って言いながら楽しそうにモノマネぴょんぴょんしてました。






満腹で休憩して、山の鼻へ向けて戻ります。

来年は見晴らしまで行けるかな?





木道は電車の線路みたいで歩くのが楽しいらしい。

ガタンゴトンガタンゴトン言いながら、スタスタ進んでいく。









さすがに疲れたらしくて、
木道の途中で『おんぶー!』

ずっと歩かせると帰りの温泉に入る時間がなくなるので
喜んでおんぶ。

途中、中学生の学校ハイクとすれ違い。

女子と男子とグループが分かれてるんだけど
女子グループとすれ違うときには
「かわいいー♥️」の歓声とともにタッチの嵐。


おぅ!すごいモテっぷり。まるでアイドルのようよ。

もしかしてこの子の人生の最大のモテ期は今きちゃってるんじゃないの?

でも絶対大きくなったとき、今日のこと覚えてないよね。残念ね〜。

かわりに母ちゃんがちゃんと覚えておくからね!






朝はまったく気がつかなかったサンカヨウの花。

大大大大好きな花。





山の鼻から少し進んだあたりで
ぺこはまたお休みタイム。

それにしても、去年よりもずっと長く起きてられるようになったね。

一歳くらいまでは山に行っても寝てる時間のほうが多かったもんね。



鳩待峠まであと20分くらいのとこで、母ちゃんダウン⤵️

もうダメ〜。重い〜😩

ベンチでザックを隊長と交換。




爆睡のぺこがずっしり重くて、
お疲れ顔の隊長!(笑)


あと少しで鳩待峠。
そこでぺこ覚醒。

火がついたように泣くとはまさにこのこと。

マァマ❗️マァマーーー‼️

眠るまえにおんぶしてたはずのママがいない!
ママどこ?で発狂。

いや、すぐ後ろにいたんですよ?

でもねぇ、パパが背負ってるのがイヤだったみたいでね。

ママー‼️(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)


かわいそうだけど、ごめん。ホントにかあちゃん無理なのよ。
腰痛くてねぇ。

ていうか、ギャン泣きされてる隊長もかわいそう。
立場ないじゃんねぇ。


とにかく鳩待峠まで我慢してもらって
荷物を降ろしてから、
かあちゃんが抱っこしてやっと落ち着きました。

で、抱っこしたとたんに今までのギャン泣きグズグズが嘘のように
ケロッとご機嫌になるのよね。

帰りのバスももちろんご機嫌で乗って、無事に駐車場に到着。

帰りに寄った日帰り温泉の家族風呂も2回目だからか、前回よりもスムーズに楽しんでました。




あぁ。また山行記録がたまってる😭
なんとか記憶のあるうちに更新!

6月6日。
毎年行ってみたいと思いながら、雪解けの尾瀬とぶつかって
お天気とかいろいろでチャンスがなかった赤城山。

ことしの尾瀬は雪が多くて、歩きたがりのぺこ連れでは厳しそう。
ならば!と赤城山のツツジを見に行くチャンス。

スタートは荒山高原の登山口、姫小百合駐車場から。
駐車場は広いけど、ツツジのシーズンの土日は混雑しそう。
平日でも結構いっぱいになってた。

登山口からは植林の暗い森。

しばらく歩くと明るい森にかわってきた。

名称未設定-36

ぺこは相変わらず最初はキャリーを嫌がって歩きます。


名称未設定-16


おんぶバイバイ!あぷっ😠
 



ときどき父ちゃんにバトンタッチ。
が、だいたい一瞬。



名称未設定-222

じぃじばぁばの団体さまはみなさま孫のような年のぺこにとても優しい。


みなさんに頑張って〜とか偉いね〜とか励まされて調子よく歩いてたけど、
荒山高原まであと5分の標識手前でダウン。


おんぶーん!(約→おんぶして!)

う〜ん。もうちょっと歩けるんじゃない?

おせんべあげるから、がんばろうか!

えんべ〜?

そうそう♪

おせんべで釣ってさらに少し頑張ったけど、
やっぱもう疲れたみたいで
とうとうおんぶ。




惜しい!あとちょっとで荒山高原なのに。

でも登山道の岩が大きくなってきたから、おんぶでちょうどよかったかな。



新緑がきれーい!

ひぃふぅ言いながら母ちゃんがんばります!

ぺこ本人もキャリーのことをママのバッグだと思ってるから
隊長が背負うと怒るし、隊長もザックの背面長をMAXに調整しても合わなくて
あんまり好きじゃないもんだから、
わたしばっか背負ってます。

でも来年はもう背負わないかなと思うと
今のうちだから楽しんでおこう。


さて。
念願の荒山高原。

う〜ん。
ことしはハズレ?

ネット上の写真とかではこの辺りが真っ赤になるくらい咲いてるよね。

ちょうど近くにいらした地元の男性が
ことしはダメだね〜とおっしゃってたし。



でも、ぺこが走り回って遊ぶには最高!
もう今日はここがゴールでいいんじゃないか?
そんな心の声が聞こえたような気がしたけど、なんとか思いなおして山頂目指して出発。

休憩挟むたびにチャージしちゃうぺこがキャリーを嫌がるから、
進むのが遅いんだけど、こうやって少しずつ体力もついて成長してくんだよね。

乗せたり降ろしたりも力使うしベルトアッチコッチ外したりしめたりで、
回数重なるとホントめんどくさいんだけどね。


荒山高原から山頂へ向かう道もとても歩きやすくて、幼児でも安心して歩かせられます。




しゃくとり虫がいたから指にのせて、ぺこに見せてあげる。

いま、「はらぺこあおむし」の絵本がかつてないくらいにお気に入りなので、
本物の虫を見て勉強ね。

ちなみに、あおむし🐛って言えなくて
なぜか「あんぽんち〜!」
そっちのほうが難しくないか?

「あお」も「むし」も別々だと言えるから不思議。

今は言えるようになったけど、アンパンマンもかなり長い間言えなくて、「バイチ!」だった。


今日も誰かとすれ違うたびに、2歳をアピール。
だいたいの人は、ありがたいことにぺこのアピールに付き合ってくださるし、
バイバイしてタッチまでしてくれることもある。
 


けど、アピールに気がつかなかったり、
ぺこに無関心な方も当然いるわけよ。

そうすると、ぺこは寂しかったり納得できなかったりで、
通り過ぎてしまった人の後ろ姿に向かって、「にー!にー!」

指を2にして必死のアピール!(笑)

仕方ないね。気がつかなかったんだよ。
また次に会った人に挨拶しようね。

そんなやりとりしながらのんびりとぺこのペースで歩いてたら
またお疲れモードに入ったようでおんぶを要求。




お昼には山頂に着きたいし、ぺこを背負ってスピードアップ。



アマドコロ。

珍しい草花には名前の札がありました。








うなじのあたりにずっしり重さを感じて
鏡で確認したら、ぺこはやっぱりぐっすり寝てました。



火起山ではツツジが満開。

鮮やかできれいね。



眺めもとってもいいけど、
見えてる山はなんだろね?




あんまりアップダウンがないのが、
ぺこを背負ってる母ちゃんとしては
とってもありがたい。

稜線を楽しんでたら山頂に到着!




山頂は広々してて、予定通りにここでごはん。


ごそごそ準備してたら、ぺこも起きたよ。




今日のおにぎりは鰹の時雨煮を混ぜたおにぎりとハンバーグ。
玉子焼き。きゅうりスライス🥒。

いっぱい歩いてお天気いい山で食べるお弁当は美味しいね。





山頂直下に咲いていたクサタチバナ。

ハジメマシテなお花。


さすがにぺこは疲れちゃったみたいで下りはほとんど歩かずにおんぶ要請。

がんばったもんね。






お久しぶりのサラサドウダン。

登るときには全く気がつかなかったから帰りに会えてラッキー💕



あぁ、あなたも久しぶりね。

やっぱり山のお花に会うと癒されるわぁ。


また荒山高原で少し休憩して。

下りは早いねぇ。
すぐに駐車場に到着。

今回も楽しい山歩きができました。
おしまい。













↑このページのトップヘ