yama+café

おいしい山のぼり

カテゴリ: 山登り

あぁ、もういつの話なんだか。

すっかり季節に追いついていけなくなったけど
これは自分の覚書だからね。

3月のまだ山はちょっと肌寒い日。
最近はすっかり熱も出さなくなって、ペコの体調のいい日が続いてたので
埼玉の日和田山へハイキングに行ってきました。

隊長ははじめての山。
それに、3人揃っての山登りは12月以来で久しぶり。

わたしとペコの2人で日曜日にばっかり行ってたからね。

日曜日の日和田山駐車場はいつもいっぱいだけど、水曜日はガラガラで先着二台だったかな?
時間は10時半くらい。

ベビーキャリーを見てはいるけど、そんなに乗りたそうでもないので手をつなごうかって言ったら、
素直につないで歩き出してくれました。

トイレに寄ってから改めて出発。
ここのトイレはスペース広いしきれいで助かります。
ちなみにキャリーを中におけるくらいの広さがあります。

一番右側の緩いルートを選んで進みます。



ぺこは今日もまた落ちてる石ころが気になって、両手に持って歩きます。
転んだときに手をつけないからホントは危ないんだけどね。

2歳児はまだまだ言うこと聞きません😓

なので、いっこはママが持つから手をつなごうね。というと手はつないでくれるものの、
次々拾っては渡してくれるのであっと言うまにわたしの手にも石がいっぱい!
ぺこが見てない隙に地面に置いていきます。

そんなことしてるから、当然なかなか進まなくて、餌で釣る作戦。
鳥居⛩のとこに行ったらおやつ食べようよ!

すんなり歩いてくれました。
それもどうかと思うけどさ。


でも、幼児は大人と違って一回にたくさん食べてエネルギーを蓄えられないので、
山登りのような体力消耗するときは、こまめにエネルギー補給と水分補給したほうがいいみたいです。


ちょこっと休憩して、今日も男坂方面へ。
1週間前に母子で来たときに、男坂入り口の水場でペコが興奮しちゃって水場から動かなくて
大変だったんだけど、今日は大丈夫かなぁ。

水場が見えるとやっぱり興奮。

どうしても触りたいみたいなので、一回だけだよ!と約束してから
抱っこして流れ出てくる水に触らせる。

降ろしてあげたら、あら?

今日はすんなり見晴らしの丘への道を進んでくれたよ。

最近、機嫌がいいと言い聞かせたことをちゃんと納得してというか素直に聞いてくれて、
かなり楽になったなぁとびっくりする。

まぁ、先週は「もっかい!」攻撃にあってずぶ濡れになって、もうダメだよ!って
水場から離したら激怒→突っ伏して抗議(泥だらけ)で悲惨だったから、
油断はいつだってできないけどね。

見晴らしの丘までは、明るい拓けた道が続きます。
でも、2歳児にはちょっと急かなぁ?



下りは危なそうだけど、登りは意外とひょいひょい登って行きます。



大きすぎる段差のときは、わたしを見あげて「わーぷん!」

去年、三毳山を初めて歩かせたときに
無理そうな大きい段差のときに抱き上げてあげたときに
「ワープー!」って言ってたのを覚えちゃったみたい。

BlogPaint

無理っぽいところはわーぷんで、でもちょっと足場変えれば行けそうなところは、こっちから登れるよね〜と誘導してあげて、意外とどんどん登っていきます。

やるじゃないか、息子!

でも幼児のパワーは長続きしないからね。
見晴らしの丘で2回目のおやつタイム。



この頃はまだピース✌️が作れなくてポーズが中途半端。
でもそこがかわいい親バカ2人😍
いまは、1、2、3となぜか4は飛ばして5までできるようになったよ!

ツツジの硬い蕾がたくさんあったので、
もっと暖かくなったらこの辺りきれいなのかも。

見晴らしの丘を過ぎて男坂と合流する手前だけ、ちょっと岩場っぽい道です。
どうするかなぁ。無理かなぁ。
でもいまさらここでキャリーに乗せるのめんどくさいなぁ。←コラ!



様子を見てたらビビらずになんだか突進していくので、落ちないようにサポートだけして進みます。



無事に男坂と合流して鳥居の下へ。

よくがんばったねー!
えらいよー!



いっぱい褒めて、息子もニコニコでした。


BlogPaint


時間もちょうどよくて、また神社のとこでお昼ゴハン。






BlogPaint




ほんとは今日は隊長もいるし、日和田山の山頂からお隣まで縦走しようかななんて企んでたんだけど。
もちろん、ぺこは担いで。

ちょっと想定外にぺこがぜんぶ歩いたもんだから、ここまで時間がかかってて、これから縦走はもうめんどくさい感じ。

で、結局今日も山頂往復でいっか。なことになりました。

そんなダラダラな私たち家族の前に登ってきた5〜6歳の男の子とお母さん。

男の子はすっごい元気で、物見山まで行く気満々。
お母さんはなんとかついていってる感じ。

日和田山でいいんじゃない?

お母さんの声に男の子は元気に、
物見山いく!

叫んでダッシュして行きました。

お母さんがボソッと、痛い目見ればいいんだ。

呟いたのがしっかり聞こえたよ!(笑)

すごいなぁ。あと数年後にはわたしもぺこに置いていかれるのかな。
小学校のあいだくらいは、置いていかれないように粘りたいな。
(だからサボってないで鍛えろってハナシですよ!)



さて、我が家もそろそろ山頂行かねば。

まだまだ歩けそうな様子なので、そのまま手をつないで行ってみます。



神社裏手はちょっと急なので幼児には要注意。
岩場を避けてトラバースができるけど、そっちは道幅が狭くて並ぶのもきついので手を離さないで、息子ができるだけ山側を歩くように誘導。

ただ息子のペースでも5分も歩けば広い平坦な道に出るので緊張するのは少しだけ。


BlogPaint


あとは山頂直下までのんびり歩き。

山頂直下のゴツゴツした登りも問題なく通過。
3回目の日和田山てっぺんとーちゃく!

BlogPaint


山頂標識で写真撮ろうと思ったのに逃げ回られまくり。

山頂は風が冷たくて長居する感じではなかったのでさっさと撤収。

下山も自分で歩きたいみたいなぺこ。
どうしたんだ?
今日はヤル気あるねぇ。

BlogPaint


神社からの下山ルートは女坂で。
ほぼ平坦で幼児でも走らなければ問題ないです。
はしゃぎすぎると周りを見ないで走るから、
そこだけ注意して、あとはぺこのペースでのんびりと下山。

抱きかかえないと無理な岩場が二箇所あるので、先に自分がおりて足場確保してから下ろしてあげれば大丈夫。

待っててね!って言って、素直に待ってられるようになったから
こういうときは助かるし成長してるなぁと思う。

下りは早くて、分岐の鳥居まで想定外に順調に到着。
駐車場まであと少しだけどちょっとおやつ休憩。


作りだめして冷凍しておいたパンケーキが
自然解凍されて食べ頃。

パクパク食べて、再びのんびり駐車場まで。


子どもって、端っこの落ち葉溜まってるとことか大好きだよね。

じつは前回、駐車場まであと少しのところではしゃぎ過ぎて派手に転んで、
おデコにたんこぶを作ったので、マイナスイメージな記憶になってたらイヤだなぁと
心配してたんだけど。
行きも帰りも、たんこぶ現場をなんの問題もなくスルーしたのでホッとしました。

駐車場には車が数台のみ。

う〜ん。やっぱり平日はこんなもんなのねぇ。

行きも帰りも歩き通したペコは車に乗って数分で夢の中。

頑張ったもんね。

また一緒にお山行こうね。

そういえば。
確かに3人で行ったのに、隊長がほぼいないレポ!
だって手をつなぐのとかもイヤがるんだもん。
でも姿が見えないとパパ、パパ言ってるから、ちょっと遠くにいるのがちょうどいいらしい。
パパ、切ないねぇ😭

(2017.3  ぺこ 2歳1ヶ月。)




年内最後の山登りはこの前の宝篋山でおしまい!って思ったんだけど、
駆け込みで30日に行ってきちゃいました。

とはいってもまたペコと2人きりだし、お手軽三毳山へ。

道も空いてて、らく〜に登山口へ。

来る途中、登山靴を忘れたことに気がついたけど
まぁ三毳山だしスニーカーでなんとかなるか。

そんなことより。

ふっふっふっ。
今日は母さんには企みがひとつ。

日々デカく重くなるペコ。
元気に歩くようになってきたしね。

【今日のミッション】

今日は行けるとこまで自力で登ろう!

だがしかし。

いきなり駐車場でたとこでストップ!
東口の登山口は麓に大きな池があってね。

そこには鴨がわんさか。

さらには幼稚園から小学生くらいの3人兄弟くんたちが元気よく
鴨に餌やりしてるのね〜。

そりゃあもう、ペコだってそっちに走りますよ。

優しいお兄ちゃんたちがペコにも餌の食パンを分けてくれて、
ペコも池にポチャン!

楽しくなっちゃうし、お兄ちゃんたちもどんどん分けてくれるし、ペコ大興奮。

ただねぇ、ちょーっと場所が悪くて
鴨が集まってる場所が芝生の急な斜面から策もなくていきなり池。

お兄ちゃんたちは大丈夫だけど、ペコは一歩間違えたら池にドボンしそう。

なので後ろから抱きかかえながらの餌やり。
疲れた。。。

お兄ちゃんたちが餌がなくなって帰っちゃって鴨も離れていって、ペコもやっと離れてくれました。

一瞬、今日はここで遊んでおしまいかと心配したよ。


ぐずることもなく、山道のほうへ切り替えて、
順調に登っていきます。




無事に春にはカタクリが咲き乱れる場所に到着。

がんばって歩いてるからお腹空いたかなぁってちょっと食べちゃおう。

休んだら歩きたくなくなっちゃったみたいで抱っこを要求。

まぁここまで頑張ったしいっか!

キャリーに乗せて出発!


BlogPaint

 

またまた木を見つけては、タッチ〜🎵
このあたりは幼児には急だから、どっちにしろ背負ってよかったな。

途中、山頂広場に寄ってトイレ休憩。
なんだか機嫌もいいし聞いてみた。

歩く?

うん!

え、マジ?
だってキャリー乗って10分もたってないよ。

下ろしてからまたすぐヤダって言われても面倒だけど。
でも下ろしてみる。

ちょうどすれ違ったトレランおじさんに、
えらいねぇ〜って褒められたからか、
ペコやる気満々。




おぅ!がんばってくれ!

ときどき、登ってきた下を見てはアッチ!って下りたそうにするけど、
ここまできたら山頂行こうよ!

あれやこれや、なだめすかし、ヨイショし、落ち葉で遊んだりして進みます。

楽しそうにおしゃべりしながら歩いてたけど、
最後の階段10段くらいで突然スイッチオフ。

ぜーったいヤダ!みたいになって
抱っこー!

うん。
がんばったよね!

じゃあ抱っこしようね。

最後の10段。抱っこで中岳登頂。





山頂着いたらご機嫌復活。






今朝時間がなくて、おかずしか持ってこなかったので、
ごはんはコンビニおにぎり。

ごめんよと思いつつ、この子コンビニおにぎりのほうが嬉しそうなんだけど?





山頂はかなり風が強くて、長居する人はいなくて
みなさんさっさと下山していかれるなか、
ちょうど山頂に来た方が声をかけてくれて2ショット撮っていただきました♪

 

BlogPaint

人見知りペコさんは初めての方にはなかなか笑いません。。。
そのうちポーズとか覚えてね。 

帰りは危ないのでペコにはキャリーに乗ってもらって下山します。





あっという間に背中が重くなって、そのまま駐車場についても起きないのでね。
いわふねフルーツパークに寄ってお約束のジェラートを🎵





なんかリニューアルしてソースがかかってた。
(前のソースかかってないシンプルなイチゴジェラートのがよかったな。。。)

がんばったご褒美にイチゴを買って帰ろう!
レジで並んでたらちょうどペコさんもお目覚め。

2016-12-30-12-59-08


駐車場まで楽しく歌いながら戻って、無事に家に帰りました。

ギリギリで年内にもう一回山歩きに行けてよかったな。
ペコの成長もわかったし。

また新しい年もいっぱい一緒に山歩きできるといいな。 




























あっというまに年末ですね〜。
早すぎてもうほんとびっくり。

年末は会社もいろいろ忙しいのに、プライベートもやる事いろいろだし、
保育園は29日から休みだし。

せめて30日まで預かってくれないかしら。。。

やる事リストのひとつ、年賀状もそろそろ取りかからないと間に合わない。

でもそういえば年賀状に使える家族写真がないわねぇということで、撮りに行ってきました!

朝ごはんを食べてお弁当作って準備してなんてやってたら、
家を出たのは8時頃。

目指すのはのんびり出発でも間に合う宝篋山!

GWに宝篋山へ行ったときには登山口の駐車場が空いてなかったんだけど、
今日は平日だしさすがに大丈夫でした。

でも思ったよりも車もたくさん停まってるし、バスツアーまできてる!
 

びっくりだよ!
ローカルな里山まで山登りツアーがくるなんて。

登山口の小田休憩所でトイレをお借りして出発。
そうそう。
ここに自販機もあるので飲み物を忘れても大丈夫です。

ペコをキャリーに乗せて、また私が担いでいきます。
隊長たまには背負えよ。。。

名称未設定-2


またいつものコースでここに書くのも変わり映えしないけど。

あぁでも今日は山の紅葉がきれい。

名称未設定-4
 

日々の生活に忙しくて、今日は山に行くとは思ったけどすっかり紅葉のこととか忘れてた。

毎日思いついたことをこなすのが精一杯だからねー。

はぁ。こんなきれいな紅葉見られて良かった。うれしい。

ペコはキラキラ流れる小川が気になって背中で興奮中。

BlogPaint

 

今日は風が強い予報だけど登山道に入ってしまえば木に囲まれてるから大丈夫。


名称未設定-14
 

しばらくは沢ぞいに登っていくのでせせらぎの音や風が気持ちいい。

流れ落ちる滝が気になるペコ。

名称未設定-16
 


春に来たときは背負われてると寝てしまったり、まわりをポケ〜っと眺めてるだけだったけど、
いまは見るもの触るもの全てが新鮮で何かしら吸収しているような様子。



鹿おどしがなくなって静かになったスペースで少し休憩。

ここからは沢から離れて登っていきます。

幼稚園児もクラスで登りにくるらしいけど、ところどころぬかるんでたり急だったり
なかなかちびっこには大変だと思うよ。
引率の先生も大変だろうなぁ😵




ペコにも徐々に歩く距離をのばして練習してみよう。

斜面を巻くような明るい道に変わる。




常願寺コースと合流したところからは再び斜面の登り。

もう疲れた母ちゃんは頼りがいのありそうな木を見つけては、つかみながら登っていきます。



ペコも退屈してるかなぁって思って、
ほら木にタッチ〜!って言ってみたら
自分もやりたくなっちゃったみたいでね。


タッチ〜!

で、こういう遊びって一回じゃ終わらないのよ。

(つぎは)あっち!あっち!

ハイハイ。。。



タッチ〜!

あっち!あっち!

タッチ〜!


ふぅ。。。

何本の木にお世話になったかしら。。。

笑いのスイッチも入ったみたいで
しばらく背中でごきげんなヒト。


とっても楽しそうにしてるので、あと500mの標識が出た先で
ここからは道幅も広くなるし緩やかになるから、
キャリーを下ろして聞いてみました。

歩いてみる?

こっくりと頷いたので気が変わらないうちにサクッと下ろします!



キャリーを背負いなおして、ペコと手をつないで歩きます。

キャリー、かるっ😳

おぉ!楽しそうにいろいろおしゃべりしながら、
たったかといいペースで歩いてます。



なんだー!
やればできるじゃないの😳

いつのまにか成長してたペコに親バカ母さんは感動。。。

ひと月まえくらいからやっと手をつないで歩くことに抵抗がなくなって、というか手をつないで歩くのが楽しくなったようで山道を歩くのも比較的安全になりました。

まえは手をつなぐのを拒否しまくりで、好き勝手に走っていくので公園のようなところしか歩かせられなかったんだけどね。



落ち葉が積もってふかふか🍁

楽しいね〜🎵



階段もなんのその。
というか階段大好き!

階段を登った先、山頂の鳥居のとこでは
登ってくる途中に追い越していかれたおじいちゃん、おばあちゃんたちのグループが待っていました。

あと少し!がんばれー!

皆さんの暖かい励ましの声にペコはちょっとびっくりしたみたい。

山頂では拍手してもらいました。

ささ。ミッションを済ませましょう👍

隊長は三脚をセッティング。

アングルをいろいろ悩んでるあいだに
ペコはまだまだ歩きたいようで、せっかく登ってきた階段を下りたいんだって。

最近母ちゃんを連れていくことを覚えたようで、ちょっと離れてるとおいでおいでして呼ばれます。

おもしろいからさらに無視してると、走って戻ってきて
ぐいぐい引っ張って連れて行こうとするからかわいくてかわいくて😍

で、また手をつないで階段を降りて、また登る。また降りて、また登る。

元気ねぇ、ペコ。

そうそう。
空気がとっても澄んでるからか、スカイツリーもはっきり見えました!

カメラの準備ができた隊長が呼んでるよ。
山頂に戻ろうか。

やっぱりここから眺める筑波山はかっこいいね!

タイマーセットして10回くらい撮ったかな?



まぁどれか1枚くらいちゃんと撮れてるでしょう。

山頂で風が強かったら少し下りたところでお昼ごはんにしようかと思ったけど、
なんとか大丈夫そうなのでこのままランチ🎵



いっぱい遊んだから、ごはんもおいしいね。




最近よくやるへん顔😍






お腹いっぱいになったら、まわりをかけっこ!


そろそろ寒くなってきたから、下山しましょうか。



まだ元気だったのでトイレのあるとこまで、手をつないで歩いて下りました。

でも山の下りはまだ危なっかしいな。

そうそう。
帰りに寄ったバイオトイレ。
数が増えてました。

きっと登山者が増えたんでしょうね。
トイレが登山口だけじゃなくて途中にもあると助かります。

分岐からはまたいつもの小田城コースへ。


キャリーに乗る?

聞いたらこっくり頷いたので、ペコにはキャリーに乗ってもらいます。
たくさん歩いて疲れたよね。

いつもならお昼寝の時間だしね。

そして、下山は隊長の出番!



少し下ると下浅間神社。
ここからの眺めもよくて、風もないので山頂がダメだったら、ここでごはんにしようと思ってました。




あっというまにペコはぐっすり夢のなか。




傾いちゃったペコさんはずっしりと重い!




最後の展望スポット。

スカイツリーが見えてます。






山歩きもあんまりご無沙汰してしまうと
もう行かなくてもいいかなとか思っちゃうけど、
こうして歩きにくると、やっぱり来てよかったなぁ、山好きだなぁと思います。


予報ほどには風も強くなかったし、
たぶんこれが年内最後の山歩き。
とても楽しい締めくくりになりました。

来年はもっといっぱい歩くぞー!

↑このページのトップヘ