yama+café

おいしい山のぼり

カテゴリ:山登り > 東北の山

このレポは2010年10月中旬の記録です。
ほったらかしにしてた引越しレポなので、最新情報ではないことをご了承ください。

2人とも風邪がまだちょびっと残っている状態で、でも急がないと山の紅葉は終わってしまいそう。

それならばあんまり歩かなくてもステキなお山ということで。
候補に挙がったのは、草津白根山!
ところが最近くまさんが木道にでてきて登山者が大けがをしたというニュースがありました。

くまさんも驚いてしばらく出てこなかったりして、とか
期待して決まりそうになったんですが、
隊長は紅葉の道路渋滞が絶対イヤだ!運転疲れる!!と
帰りが大変になることを予想して、けっきょく決まらず。。。

お出かけの6時間前で、まだどこに行くんだか決まりません(T_T)

突然思いついたのは、先月大雨で登山口撤退となってしまった磐梯山!

八方台登山口までは、この前行ったばかりだからとってもスムーズ(^∀^)

うつくしま福島ふたたび!!!
でも磐梯山は照れてるのか山頂が見えな~い(TДT)

だいじょうぶかな。。。

駐車場は、この前より車がたくさん。
マイクロバスも2台。

車の中でごそごそ着替えます。

ヤッチマッタ(゜Д゜lll)
夏用サポートタイツを持ってきてしまいました。

あいかわらずショートパンツだっていうのに。。。

心配性な隊長は、夏用サポートタイツ+薄手フリース+冬用パンツで準備万端。

10月後半の東北なのにばかじゃないの?とか散々言われたけど、無いものは仕方ない!
気合でがんばろう。

 1

でも、この前のセールで買ったWINDSTOPPERのジャケットを
着てるのであったかです(^∀^)

2


登山口からは、しばらくホントに山に登るの?っていうくらいなだらかな散歩道♪

鮮やかな紅葉ではないけれど、久しぶりの山の空気はやっぱり気持ちいい。

今日は急がないので、中高年グループにもどんどん抜かれます

3


なんだかポコポコした音と硫黄のにおい・・・?

4
 

と、思ったら中の湯でした~。
もう10年以上前に廃業になっているようで、近寄れないようになっていました。

5
 
登山道脇にもポコポコわき出しているような水たまりがあるんだけど、 
ガスが出ているだけで冷たかった。道のわきの、あっちこっちでポコポコ。。。

6


小鳥さん発見!
これからの季節は葉っぱが落ちて見つけやすくなりますね!

なんか木をつっつくのに夢中でいつもは
すぐ逃げていっちゃうのに今日は逃げませんよ。

7
 

ときどき見晴らしのいいところにでます。
なんだか赤くなりきれないまま終わりそうな気配。

ガスってきたよ~(´Д`)

8
 

分岐に到着してどっちに行こうか悩みます。
お花畑といっても10月だし、咲いてないよね。。。
でもどうせぐるっとまわるんだから、ということで結局お花畑コースから。


あああ、まっしろ(TдT)
晴れてれば気持ちよさそう~♪
遠くから鐘をつく音が聞こえます。

9


ここで合流するんですね(^∀^)


おおっ!!!少し晴れそうかも!

10


小屋のおじさんにお茶飲んでいきな~と呼び止められ、吸い寄せられるように小屋の方へ♪

11


コーヒーのサービスがありました。
帰りにまた寄って、バッジ買おうかな♪

12
 

どっちのコースを来たの?って聞かれてお花畑とお返事したら
その方がいいんだよと言われました。

おじさん曰く、分岐から弘法清水へ直接来る方が早そうだけど
実際はたいして時間かわらないし、お花畑の方が道が歩きやすいし展望がいいんだとのこと。
直接コースは展望がぜんぜん無いともおっしゃっていました。

まだプラティパスにたっぷりお水があったので帰りに弘法清水はいただくことにして。
我が家も鐘をならしていきます♪
クマさん出てこないでね~(´∀`)

13
 

ここらへんにくると、すっかり紅葉は終わっていて
葉っぱの落ちた木々たち。やっと山頂到着です(^∀^)
一瞬どこが山頂か迷うところ。
山頂標識は下にあるんです。なんで?

18

 
できたてほやほやの三角点。
10月16日に再設置されたばかりだそうです。

山頂はとっても広いんだけど、登山者もとっても多くてなんだかごった返し状態。

14


なんとか場所を確保して山ごはんタイム♪

今日は鶏肉と自家製バジルペーストを用意。

15



16

鶏肉を塩こしょうで炒めて〜。


17


パスタを茹でて〜。


19


鶏肉とパスタ、バジルペースト、パルメザンチーズを混ぜれば出来上がり。

20

そうそう。
スープとか用意してない場合はパスタの茹で汁はお持ち帰りしましょう。
 
中高年グループがワイワイ下山して、静かになったと思ったら
こんどは横浜のインターナショナルスクールの子供たちと先生がなんと50人以上!

磐梯山、インターナショナルです!
いろんな国の子どもたちがいっぱいで英語や日本語いろいろ。
おもしろかった〜。

三角点なんて知らないから、ちょうど良さげにその上に座ってしまっておばさんに注意されてる子もいたり。

21


 
今回気合いれてたのはごはんだけじゃないんです(^∀^)
デザートに紅茶パウンドケーキです
うまうま♪


多いかな?と思ったんだけどぺロりと完食!
カロリーオーバー間違いなし!


山頂ですっかり満腹で動けなくなったワタシたち。

その間に山頂へどんどん登山者は入れ替わり立ち替わり。ワタシたちだけ、ず~っとまったりのんびり♪

突然高らかに歌い出すおじいちゃんがいたり、登山に文句たらたらな
インターナショナルスクールの男の子がいたり、
人間観察だけでも相当おもしろい山頂です。
猪苗代湖、桧原湖を眺めながらの~んびりしてからようやく下山開始。

おっと!そのまえに一応標識前で撮っておかないとね。

22

 
百名山56コめ~!

ひさしぶりに増えました(^∀^)

23



24


またまた小屋のところに戻って、こんどはお花畑に寄らずにまっすぐコースを選択。

葉っぱが落ちているので、小屋のおじさんが言うほど展望は悪くなくて
せっかくなのでぐるっとまわってよかったみたい。

25
 

分岐まで、戻って。。。あれ?弘法清水飲んでないよ(゜Д゜)!!!

夏と違ってあんまり喉が渇かなくてすっかり忘れてた!
いまさら仕方ないので、また今度ということで。

朝より晴れてきて山頂方面が見えるようになりました(^∀^)
紅葉はもうだいぶ下まで降りてますね~。



まったりできる道であぶないところもなくてのんびり歩きには最高♪

駐車場まできたら、ほぼ満車!ビックリ。
どうやら登山口あたりの紅葉を眺めにきてる観光客さんも多いようです。
磐梯山ゴールドラインのドライブも人気なんですね!

26

 
さすがに今回はゆるゆる歩きで疲れてないので猫魔岳へのルートの途中まで
片道20分コースへ行ってみます。
磐梯山がきれいに見えるらしいので。
きれいなブナ林にうっとりです。
きっと新緑シーズンも素晴らしいでしょうね♪

ばんだいさ~んよかった!きれいに見えました(^∀^)

27


駐車場に戻る途中、磐梯山頂で会ったおばさまグループも
猫魔岳ルートの展望台へ歩いてきて、

『あら!やっぱり~!』

せっかく登った山がたった20分できれいに見えるなら
やっぱりきますよね(^∀^)

28


この日は午後になるとどんどん晴れてきて。帰りの車中からがいちばんキレイでした!

29
 

まったりしたいときに、また行きたくなる山でした(´∀`)

本当はことしの紅葉の前にアップしようと思ってたのに結局まにあわず。。。
写真がどっかいっちゃって探すのが大変だったとか。。。
あいかわらずずぼらな性格はなおりません(T_T)

本当は先週行きたかった安達太良山。
今年はどこも紅葉が早いらしいという情報で
楽しみにしてたところへまさかの親戚の訃報。

そんなわけで一週間先伸ばしになったけど
天気予報もよさそうだったので予定通り安達太良山へ行ってきました。

7時に駐車場に着いたときには雲ひとつない青空に紅葉した安達太良山が美しかった。
登るまえから興奮ぎみ!笑

この日はのんびりロープウェイ出発。

ゆっくり準備したりゴロゴロしてるあいだにどこからともなくわいてきたガスにすっぽり包まれ、
あたりは真っ白に!(゜▽゜*)

なんか今年の冬に行った蔵王を思い出したぞ。。。

そんななか、風だけは穏やかなのが助かった!強風だとロープウェイが運休しちゃうからね。

ロープウェイの始発は8:30だけど5分くらい早めに運行してくれました。

平日とはいえ、紅葉シーズンの安達太良山は三脚かかえたオジサマもいっぱい。

片道切符950円を買って6分間の空の旅へ。

あああ。

美しい山に向かって登っていくはずのロープウェイから見える景色はどんより真っ白。

1


天気予報を信じるならあと1時間もすれば快晴のはずなんだ!

ガスの向こうにぼんやり見える紅葉はなかなかきれい。
昨日の台風の風に負けないで頑張ってくれたらしい♪

ロープウェイから降りると、少し雲が薄くなっているようないないような。

とりあえずこれから向かうルートを一望できる薬師岳の展望台へ向かいましょう。

先に着いたひとたちの歓声が聞こえた。

なになに?

2


樹林を抜けると目の前に紅葉に彩られた安達太良山が迎えてくれた。

さっきまで重く垂れ込めていたガスがちょうど晴れてきたみたい。

3


ずっとあの真っ白な世界だったらどうしようかと思った。

今年の紅葉は噂通り例年に比べるとかなり足早に過ぎようとしているようで、まえに来たときよりも
一週間早いのにもう最盛期は過ぎているみたい。

4


真上の分厚い雲が薄くなったり、また濃くなったりを繰り返しながら少しずつ晴れに向かっているような。

5


それでもいつまでもここで晴れ待ちしてても遅くなってしまうので先へ進もう。

6


紅葉のトンネル♪

8


予報通りにほんとの空はどんどん晴れてきて、真っ青な山の空に紅葉の縁取りがきれい。

7


久しぶりの青空の山はとても気持ちよくて、しつこいくらいに隊長に繰り返してた。

9


「来てよかったね~♪連れてきてくれてありがとー!」

ときどき木の間から遠く蔵王の裾のほうが見えていた。

木に覆われた登山道は風もなくて、照りつける陽射しがけっこう暑い。

まえにここへ来たときの写真で服をチェックして、寒さ対策はしっかりしてきたんだけど
ぜんぶザックにしまってシャツ1枚でも汗ばむくらい。

この日歩いてるグループはみんな急いでピークを目指すのではなく、
青空と紅葉をゆっくり楽しんでるひとが多かった。

10


そういえば、初めての残雪登山にきた一昨年の3月もお天気に恵まれて、
ちょうどこのあたりを歩いてるときは暑いくらいだったっけ。

白マルに赤マルの二重マルは安達太良山の道しるべ。

11


最後の角を曲がると目の前に乳首山。

雪の時期は直登できるけど無雪期はちょこっと回り道。右側と左側のコースがあります。

今回は右側から登って、最後に2mくらいのゴツゴツした岩を越えて山頂に到着。

晴れているけど遠望はきかず、目の前の磐梯山もてっぺんは雲のなか。

12


吾妻連峰は見えていた。

さすがに山頂は寒くて長居できずにさっさと撤収。

13


牛の背方面に降りて、気持ちのいい稜線歩き♪

14


ここからの荒れた景色は知っていても毎回見るたびにすごいなぁと思う。

16



17


さっきまで隠れていた磐梯山のてっぺんが顔をだした。ラッキー♪

18



火口の荒々しい景色を眺めながら、鉄山とくろがね小屋の分岐を小屋方面へ下ります。

19


隊長に今日はロープウェイ出発で遅かったんだから温泉入る時間ないから小屋には寄るだけだぞ!
と念押しされる。

20


大丈夫だよ~。入ろうよ~。

ダメッ!

だって頭洗ったりしないんだから早いじゃん。
長湯しなければいいんだよ


俺は入るならゆっくり入りたいからやだ!

源泉熱いからゆっくりできないってば♪

。。。

(お?あと一押し?)

21


しばらく温泉トークを忘れて歩く。

途中、腹へり隊長のご要望でランチタイム。

今日は寒いかなぁって思ってたのですぐ食べられるお弁当と熱々のスープで簡単ごはん♪

曲げわっぱ大活躍!

22


まわりの紅葉に見とれながら食べるランチは最高♪

23


そうそう。
台風の雨の影響か登山道が川のようになってるとこも数ヶ所あった。

どこからともなく水がしみだしてチョロチョロ流れを作ってた。

24


突然隊長がつぶやいた一言。

あれ?オレ温泉入るって言ったっけ?

25



(゜∀゜)(隊長ってば。。。)

うん!言ったー♪(言ってないよねぇ)



じゃあ仕方ないか。入ってる人がいっぱいいたらやめるからな!

ハーイ♪

隊長よ。こうやって一生アタシに都合よく操られないといいねぇ(^_^)v

26


小屋の前では大勢の登山者が休憩中。
カップルさんや中高年グループさん、みなさんここでランチタイムのようです。

小屋のトイレも借りられるしね。

でもいつも小屋のなかは空いてるんです。

お天気いいせいもあると思うけどトイレ以外の用事はないようで、
みなさん小屋に入ってこないんだよね。

というわけで。

まぁ、案の定お風呂は貸し切りなわけですよ。

最近日帰りでお風呂入らせてもらうといつも誰もいないので、
壁越しに隊長としゃべったり窓から顔を出せば普通にお話できます♪

窓を全開にして紅葉を眺めながらの温泉タイム。

あ~ぜいたく♪

あ~しあわせ(*´ω`*)

お風呂から出たあとは、小屋番イトちゃんとおしゃべり♪

ちょうど泊まりにきてた奧さま(美人!)ともお会いできて、お二人のなれそめを聞いたりして
照れまくるイトちゃんをからかって散々楽しんでから小屋を後にしました。

いろいろごちそうさまでした♪

小屋を出るときはいつもさみしい。

このまま泊まって温泉に何回も入って、美味しいカレー食べてフカフカのお布団で眠りたいよ~って
毎回思うのにできない。

でも次こそ絶対(次の次かな?)泊まるからね!

約束して手を振ってお別れです。

27


小屋から勢子平までの紅葉も素敵。

28


冬に林間へ入っていく目印の木を見つけて、今年の冬は楽しかったよね~と思いだしてうっとり♪

29


馬車道と旧道の分岐に着いてしまうとゴールは近い。

旧道に入ったはいいけど、今日イチ大変だったのはじつはここでした。

雨でぬかるんでツルンツルンの道は一歩一歩が緊張。

30


無事に馬車道に合流して最後の橋へ。

31


登山口には泥んこの靴を洗える水道があります。

ありがたい( ´∀`)

この日は最後まで穏やかな秋晴れで久しぶりに自然を満喫リフレッシュできました。

やっぱり山歩きは楽しいね♪

そうそう。
この日BSの日本百名山とNHKの他のロケと2番組きてたらしいけど
いつ放送するのかなぁ。

もう3月。まだ3月?

季節は厳冬期から残雪シーズンへ移り変わる時期だけど、

3月4日の安達太良山はモッフモフの新雪を楽しめました♪

あら?

2週間前にも安達太良山行ってなかった?
なんかやたらに美味しそうなもの食べてたよね。
ワインもがぶ飲みしてたよね?

そう。あのステキな山行はアタシだけの参加。

全国的に天気が良さそうな火曜日。
待ちに待った快晴はお正月以来!

最初はみかもやまにミスミソウでも撮影に~なんて思ってたんだけど、もったいない気がして、やっぱりどこか高い山にいこうよ!

どこにする?
ワクワクしながら候補をあげたんです。

そしたら隊長サマの一言。

「安達太良山も天気いい?」

えぇ~!好きだけどこの前行ったばっかだよーヽ(´o`;

「オレは行ってない」

ソレを言われると弱い。。。

結果、この選択が大当たりになったのでした♪

車を走らせて、夜が明けてきて山のシルエットがくっきり見えてドキドキしてくる。

以前、二本松ICを降りて登山口へ行くあいだにあったコンビニはなくなり、変わりにセブンとファミマができてます。

駐車場には先着1台。



スキー場が始まるまでは手前のチケット売り場の建物は閉まってます。

奥にあるゴンドラのほうの建物のトイレは利用できます。
電気が消えてるので使い終わったらまた消しておきましょう。

キレイなトイレが登山口にあるのはありがたし!



駐車場から登山口へ少し進んだ右側に登山届けを出すポストあり。

2週間前に比べたらかなり雪は減ってる様子。



このまえはてっぺんまで埋もれてた登山口を示す標識も見えてるもんね。

しまってて沈む感じもないのでツボ足で行きます。



まだまだ川が見える気配はナシ!

サクサクして気持ちいい雪は昨日も降ったのかな?

まだ記憶も新しいので、歩きながらいちいち2週間前の様子を隊長にご説明する。

風もなく穏やかな朝、あっという間に暑くなってアウタージャケットを脱ぐ。

旧道から馬車道へ入るといきなり雪が深くなってときどき踏み抜いてしまう。

どうしてもペースが落ちるので、ここでスノーシューをはく。

隊長は、めんどくさいからいいや~ってツボ足のまま先へ行ってしまう。

少し先のところで馬車道が不明瞭になって旧道に入る。

で、スノーシューのワタシが先行して踏みかためる。






青空気持ちいいねぇ~♪




八の字のあたりにくると、ますます気持ちいいモフモフ雪。



隊長もスノーシューにする。



先行の人もワカンに替えたような跡が。

サラッサラの雪が気持ちいい。

隊長が後ろで歌ってる。



サラッサラのサラサーティ~♪


選曲間違ってると思うよ。。。

調子が悪かったら、小屋を今日のピークに温泉でゆっくりしようか♪とも思ってたんだけど、
なんだか今日は最高のお天気。



温泉だけじゃもったいなくて、やっぱり山頂に行きたいね。




勢至平から峰の辻を目指す。




ウソみたいにそよ風が気持ちいい。
どんなに天気よくたってここまでくれば暴風だと覚悟してたんだけど。



勢至平から峰の辻までホシガラスが先行する。

同じホシガラスか違う子なのかわからないけど、10数回は見かけた。



声が聴こえると、いつもは高い木のてっぺん、ずうっと上を見上げたところにちょんっと止まってるホシガラス。

雪で埋まって木が低く見える今はホシガラスも目の前に見えてなんだか不思議な光景。





分岐を過ぎて木がなくなって一面まっしろな雪に埋め尽くされると、さすがに風が冷たい。
またアウターを着て歩く。



ゴアのジャケットの威力はすごい。
着た瞬間、まるで無風になったみたいな錯覚。



あたらしいカメラで隊長に撮ってもらった。



なんかイソギンチャクの口のような。



山頂へ一本道がのびている。

夏道とは違う道には竿の目印。

でも2週間前のあの暴風なら次の竿は見えなかっただろう。











乳首直下でアイゼンに履き替える。

練習しないと!ってピッケルも持ってみた♪
だって今年は一回も使ってないんだもん。。。

でもこの稜線はさすがに寒い!風強い!

スノーシュー外してアイゼンつけてるあいだに冷えきってしまった。



おまけにピッケルは冷たいし。

体温奪われるρ(・・、)

山頂へはひとのぼり。



あまりにも寒くて数分で撤収。





でも磐梯山も吾妻連峰もうす~く飯豊連峰も見えたよ♪



こんなに真っ青な空なのに霞んでるのがちょっと残念!
PM2.5のバカー!(*`Д´)ノ!!!

小屋までの下りはこのままアイゼンで行っちゃおう。



下山の時間が不安なので牛の背はあきらめる。



あぁ、牛の背から下りてる人が見える。あっちも気持ちよさそうだなぁ。

登りは隊長を置いていけるくらいのペースで歩けるんだけど、下りはあっという間に隊長に引き離される!

無雪期ならまだそんなにひどくはないんだけど、アイゼンが効かないモフモフ雪の下り斜面はどうも苦手。

なんで隊長は走っていけるんだ?

ここらへんに運動神経の差がρ(・・、)



でも山は登り降りの繰り返しだからね。
そのうち追いつくんだ♪

斜面が緩やかになって、雪もしまってくるとワタシでも安心して歩ける。

風が作った雪の模様を眺めたり、さっきまでいた山頂を振り返ったり。

なんかいろいろ話してるうちに小屋が見えてきた。

小屋の外でタバコをふかしてる人がこっちを見てる。

イトちゃんだーーーー♪

最近は佐藤さんが当番のときが多かったから、イトちゃんに会うのは久しぶり。

ちょうど2週間前、アタシたちが泊まった次の日からずっと小屋に入ってたそう。

そうそう。
その頃から小屋の水は断水されています。

凍結なのか他にも原因があるのかはっきりしないそうです。

なので、今小屋では外から雪をとって水にしている。
お疲れさまです。

さぁここまで来たらやっぱりお風呂に入ろう♪
源泉かけ流しの硫黄のお湯に癒されます。

この前は凍ってて開かなかった窓も今日はすぅっと開いて、雪見風呂が楽しめた。

湯の花がたっぷり身体中にくっついて流し湯もないし、この上に服を着るから匂いが染み着いちゃうんだね。

こんなにしょっちゅうこの温泉に入れるなんてすごい贅沢。

今日も小屋でくつろぐのは常連さんばかり。

この日は山ちゃんもいらして、小屋に入った経緯やら見た人も多いTV番組の話など気さくに教えてくれた。



今日のごはん♪
最近やたらに隊長が食べたがってたサンラータン。

久しぶりで葛粉の量を間違えて、トロトロを通り越してドロドロになった残念サンラータンρ(・・、)

でも味はおいしかったんだよ。。。

食後はくろがね小屋ファンの常連さんたちとおしゃべり♪


(イトちゃんぼかす必要もない気もするけど。。。)



隊長は片付けするワタシを無視して撮影練習!

その間に小屋に一本の電話。

14日間休みなしのイトちゃんに下山のお許しが♪
たった1日だけど。

いそいそと準備して、小屋の外まわりの点検も済ませる。

普段は歩けないコースに連れてってあげるよ♪

ホントに?(゜∀゜ノ)ノ

そんなまさかのお誘いで一緒に下りることになりました。

イトちゃんはスキー。

ワタシたちはスノーシュー。



小屋の脇にはイトちゃん作の水用の穴。

ここから雪を掘って水にしてる。
こんなに苦労して水を作ってくれるんだから、小屋で出される食事はぜったい無駄にしちゃいけませんね!



イトちゃんはさすがの小屋番!山のベテラン!

板2枚ギリギリ幅しかないトラバースもすぃ~っと滑っていく姿はさすが!

ついていくのに精一杯で写真撮るヒマもなし。

でっかいザック背負って楽に滑れるなんて、スキーがぜんぜん成長しないアタシから見たら神業。

歩き方もいろいろアドバイスしてくれる。

危ないとこを通過してしまえば、あとはどこを歩いたって自由。



勢至平の風が強いときはコッチを歩きなよ~って教わったり、だ~れも歩いてないとこをホラどうぞ!って言われて走り回ったり。
イトちゃんに追いつこうとダッシュしても逃げられたり!

せっかく踏みあとないところばっかりなんだからついてきちゃダメだよ~♪
もっふもふの新雪くれてやる~!ホラ、いけ~!




























お。こんどは乳首のった♪




この前、林間に入った八の字の少し手前から林間コースへ。

コースって言ったってなんにも目印はない雪山期間限定コースなので、よく知ってる人と一緒かGPSを使いこなせる人しか入っちゃいけません。

ワタシもこの前はシェフさんたちがいたから行けたけど、もちろん今日は普通の登山ルートを行くつもりだった。

イトちゃんのおかげで隊長も林間体験ができてよかったね♪

登山道と違ってまったく踏まれてない林間コースは圧倒的に楽しい!

好きなとこを走り下りていく。



ブナの大木。隊長曰くブナじゃないそうですが。。。「オレはブナちゃんだいすきだから間違えないっ!」なんだろね?

無雪期は会えない森の奥の奥のずーっと奥にいます。


もう少し頑張るとごほうびがあるよ!

なになに?



見せてくれたのはキツツキの巣穴
キレイなまんまる。

上の枝がぼっきり折れちゃったから、
この場所はもう使わないらしい。


楽しい時間はあっという間。



気がついたときにはゲレンデの音が聴こえて、橋の手前でゴール。

あとはゲレンデに沿った夏道を歩くだけ。

ものすごく暑くて、珍しくコーラのイッキ飲みしてしまった。

2週間前から停めっぱなしのイトちゃんの車も無事で一安心。

またおいでよ!(なんか三歩みたいだ)

ありがとう!



まじめなお話。

あの震災の直後は随分いろいろと心ないことを言われたりもしたそうで。
そんなバカみたいな!という放射線に対する知識の勘違いというか思い込みというか。。。

それは聞いててもあきれるほど。

それほどアノ頃はパニックだったということか。

山に来るとこの山を愛する常連さんにばっかりお会いするので知らなかったけど。

今はそんなひどい誤解はなくなってるといいな。

そうそう。
安達太良山は登山道上では雪崩は起きないそうです。

小屋に入って8年のイトちゃんの言うことなので間違いなし♪

これは安心ですねぇ。

それにしてもちゃんと歩けてよかった。
去年はゴンドラで登ったけど、今年は諸事情で運転してない。
本当に日帰りで全部歩ける体力があるか不安だったんだけど、ちゃんと歩いてしかもスキーのイトちゃんに置いていかれないように走れたし。
(もちろん途中でちょこちょこ待っててもらったけど!)

少しは体力ついたかな?

それと!

今日いちばん偉かったのは、安達太良山に行く!って決めた隊長。
おかげで快晴のなか楽しめたしイトちゃんに会えたもんね♪

グッジョブ(*´∀`)

お母さん元気かぁ?って聞かれたことだし、今度は紅葉でも眺めに連れてこよう♪

↑このページのトップヘ