yama+café

おいしい山のぼり

カテゴリ:山登り > 日光

先週のぺこ連れハイクに味をしめて
ふたたび日光へ。

日光とはいっても今の時期涼しいお山は標高が高すぎるので
今回ものんびりと中禅寺湖畔へお散歩ハイクです。

赤沼駐車場から片道300円のバスに乗って千手が浜へ。

ここはクリンソウの時期はとても混雑する場所だけど、
夏はガラガラでとっても静か。

じつはクリンソウの時期もこれたらいいなぁって思ってたけど
4ヶ月の息子を連れての外出はやっぱり大変でできませんでした。
なので、クリンソウはまた来年かな♪

バスは途中小田代ヶ原、西ノ湖と停車して終点の千手が浜へ。

お客さんはみんな途中で降りてしまって終点まで乗っていったのは2組だけ。

0811千手が浜 (3 - 133)

二度目の背負子は親も子も慣れてにっこり♪



0811千手が浜 (14 - 133)

男体山をバックにパチリ。
いつかあのお山も登ろうね♪(隊長があまり好きでないけど。)

湖畔を歩くルートは風が冷たくて、動かないぺこには寒いかもと思って、
ガーゼをぐるぐる巻きにしてみました。

夏でも防寒着は用意しないとダメですね。

0811千手が浜 (23 - 133)


先週歩いた戦場ヶ原よりはアップダウンのあるコースで山っぽい。

人にもほぼ会わない静けさ。
夏の日光って意外と来る人少ないのかな?


0811千手が浜 (33 - 133)


湖はザザザザ〜っと水が打ち寄せてなんだか海な雰囲気。
すごーくのどかで、ここでキャンプができればほんとに気持ちいいのに。。。


0811千手が浜 (37 - 133)


来年のシロヤシオの頃は高山もきっと登れるね♪


0811千手が浜 (42 - 133)


ぺこが腹へりなはずなので、ここでおっぱいタイムを。

ケープのなかでうごめくぺこ。
最近ケープをめくろうとするのでしっかり押さえてないとかなり危険!(笑)
  0811千手が浜 (60 - 133)


お腹いっぱいになった?


0811千手が浜 (58 - 133)


満足げではありますが、げっぷがあまくて
このあとワタシの背中でけぽっと吐かれました!(涙)




0811千手が浜 (74 - 133)


0811千手が浜 (80 - 133)


なかなかカメラをみて大笑いしてくれないので、
ワタシが笑わせる係でそれを隊長が撮ってます♪



0811千手が浜 (107 - 133)


くどいですが、ここでキャンプを。。。。

夏だけ管理人さん常駐で、キャンプ代も2000円とか高め設定の
ゴミ全て持ち帰りでどうでしょう?
トイレも仮設ブースだけあれば出したものは持ち帰りますから!





0811千手が浜 (104 - 133)


ゆ〜らゆ〜ら揺れるので気持ちいいらしくて
歩いて15分もすると寝ちゃうのよね。



0811千手が浜 (105 - 133)


そんな寝てるとことか元気なのかなとか後ろの様子が気になるんだけど
マックパックのベビーキャリアはポケットに鏡が付属してます。

これで様子をちょこちょこ確認できて安心♪


0811千手が浜 (110 - 133)

キミがまだお腹のなかにいたときにも
ここに来たんだよ(o^^o)


0811千手が浜 (114 - 133)


そうそう。

途中で、今しました!みたいなホカホカした感じのでーっかい黒々したうん◯がありまして。

来る途中で湖をボートで監視員のような方が花火のようなのをパーンパーンって
打ち上げながら通っていくのを見て、猿でも追い払ってるのかと思ってたんだけど。

もしかして、クマ?

急に不安になって熊鈴鳴らしながら歩きました。

0811千手が浜 (118 - 133)

竜頭ノ滝に着いたらやっぱりここは夏休みの観光地。

ものすごい人!!!

どうやらワタシたちが歩いたコースに人がいないだけのようね。。。



0811千手が浜 (133 - 133)

竜頭ノ滝付近のベンチは観光客の方がいっぱいなので、
授乳にはちょっと不向きでした。
(それでもやったけど) 

この日も午後2時以降は雷雨の予報だったので、1時前には駐車場へ。
夏の日光って雷雨多いよね。

さて。来週もお天気よければ日光かな?

バスで他のみなさんが降りて行った西ノ湖が気になってます。
行けたらいいな♪
 

もう限界。

何がって、この暑さ。

毎日毎日どろどろに溶けそうな暑さ。

一昨年までなら、毎週のように涼しいお山へ 
逃げることができていたけど、
ことしはぺこがいるので、簡単に遠出もできない。

というか、産んでみたら外出することがものすごく億劫で
おむつとか着替えとかどこで授乳するかとか、暑くて
熱中症になったらどうしよう。
外出先で乳腺炎になったらどうするんだとか。。。

ぺこを産むまでは、はやく山に一緒に行きたいな〜なんて思ってたけど、
実際産んでみたら心配なことがいっぱいでそれどころじゃなかったわ。

そんな感じでせいぜい近所の公園とかショッピングモールへの
外出がせいいっぱい。

でもこの連日の猛暑で朝から暑く、夜になっても気温が下がらないので
ぺこを連れての公園散歩もできず。
家でベビーバスを使ってプールの日々。ワタシもできれば一緒に入りたい。。。

さすがにいい加減涼しいところに逃げたくなったのと、 
ぺこが6ヶ月になったので、そろそろ少し遠くへの外出も大丈夫かな?と 
初めての日光&背負子デビューしてきました。

DSCF8076


今日のは赤沼茶屋から湯滝方面へ戦場ヶ原を歩いて分岐で小田代が原へ
まわって戻る2時間ほどのハイキングコース。

はじめての親子ハイクはいきなりがつんとは歩けないからね。
それにこの荷物の重さに耐えられる体力がいまあるのかもかなり怪しい。

7.5キロ超えのぺこと3.5キロのザック、それに中身。
ぜんぶで12キロ以上はありそうよね。

わたしが持ってるザックだって、おむつや万が一うん◯が漏れたときの着替え、
おしりふきシート、二人分のおやつに飲み物。
結構重かった。

DSCF8094
 

男体山は少しガスガス。

あぁ、ひさしぶりに眺めるでっかいお山!!!

DSCF8098

 はじめてベビーキャリアに乗せられたぺこ。
きょとんとしてるけど平気な様子♪

身を乗り出して、あっちこっち覗いてます。

DSCF8101


DSCF8106

ホザキシモツケがあたり一面に咲いててきれいだった。
ここに群生して咲くのも知らなかったので新たな発見。

DSCF8148


DSCF8152


高山植物が想像以上に咲いていて、夏のお花に出会うのも2年ぶりよね。
なんだか興奮。
ほんとに来てよかった。。。

でもかなり花の名前を忘れてしまってて、このままだとぺこに教えられるか不安。
また覚え直さないとな。


DSCF8155

そうそう。

途中で一回授乳して、背負うのを選手交代。
ベンチに座って授乳してても、まわりの方々にも暖かく見守っていただけて
とくに顰蹙買うこともなくてよかったな♪

ただ、戦場ヶ原どまんなかのベンチで暑かったんだけど、もう少し歩けば
木陰にベンチにテーブルがいっぱいありました。。。 

隊長ははじめての戦場ヶ原だし、わたしも記憶が怪しいくらい昔に歩いたきりなので
そういうこと知らなかったのよね。 

DSCF8161


木道が新しく広くなっていてとても歩きやすいです♪

重さにちょっとくらいよろめいても大丈夫!(笑)

この写真見てて気がついたこと。

なんでサンシェードつけてあげなかったんだろ。
家で練習していったのにすっかり忘れてたよ。。。

あと1.5キロというところで、空模様が一気に怪しく雷の音も聞こえてきちゃった!
わたしの鈍った足で雷から逃げるのは無理っぽく、隊長にまた背負子を
代わってもらってペースアップ。

はやく駐車場へ帰らないと!!!

DSCF8171

ぺこはまだ雷とか地震の揺れとかまったく怖がりません。
ちなみにこの前近所であった花火大会の音も。

もっと大きくなっていろいろ理解してから怖くなるのかな?

赤沼目指してせかせか歩いてると、なぜか反対からのんびり歩いてくる
ファミリーとか。

ねぇ、ぜったいここも雷雨きますよ?
山だったらぜったいみんな避難すると思うけど観光地はのんきだね。。。

怠けまくった足に喝をいれてなんとか降り出すまえに駐車場に間に合った。
ぺこをチャイルドシートにのっけて靴を履き替えたりして車に乗り込んだところで、きた!

ドシャーーーーー!

はじめての親子ハイク、最後は慌ただしかったけど
とっても楽しめました。
味をしめて来週のハイクも考え中。えへへ。

この記事は2010年8月の記録です。
登山口の情報やルート状況などは最新情報を調べておでかけください。





2年前に丸沼から登ったので、今回は久しぶりに菅沼から行ってみます。

夜中、車のライトに照らされて鹿を発見!さすが日光!
3頭の鹿さんに遭遇。でもワタシは会ってません。助手席でグウグウ寝てました。
湯元あたりで4頭めの鹿さんが現れたときに、やっと起きました(´∀ `)

登山口には先客の車が6台くらい。やっぱり人気の山ですね。
まだ時間は4時前なのですぐ出られるように準備だけ済ませたら仮眠します。

ウトウトしながらも夢を見ました。
白根山を登るワタシ。
鹿さんとウサギさんにバッタリ。
鹿さんは写真を撮って、ウサギさんは一瞬で遠くへいってしまい見えただけ。
見られてうれしいけど悔しがるワタシ。

なんてリアルな夢!

寝起きが悪くて起きるのがツラいんだけど今日の天気予報は夕方一時雷雨!
昼過ぎには戻ってきたいし頑張って起きねば。

外に出ると先月末の南アルプスの朝よりも涼しい!
最近の猛暑でカラダが溶けそうだったのでこの涼しさにはびっくり。

まわりの車の方々や旅館送迎バスで到着した方々も出発していきます。 

そうそう。
湯元あたりの民宿に前泊する場合は、ここまで送迎してくれるとこも
結構あります。
ワタシも初めて来たときはそうやって送ってもらいました。
もちろん帰りも迎えにきて下さって宿の温泉にも入らせていただいた記憶♪

1


最初は気持いい林道歩き。
でもアメはあっというまに終了!すぐにムチの連続!!!

急な登りで暑い!樹林のなかで風もない。

2


どのくらい樹林かというと、上に青空は見えるのに周りが暗いんです。


先の方が少し開けて明るくなって登りが終わり平らになってくると弥陀ヶ池に到着。
 
5

 
朝日を受けた日光白根山が池に映ってキレイ。

4


高山植物もわんさか。
ハンゴンソウがいっぱい咲いてます。

3


鹿さんが多い山だから、ここもマルバダケブキが多いのかな?

6


池から少し登った分岐から1時間くらいがいよいよ山頂への急な登り。

8

 
なので、その前におやつ休憩。

大好きな通りもんをお友達にいただいて、
ぜったい山で食べるんだ!って思ってこの日のためにずっと我慢してたんだい♪

9
 

博多 通りもん
福岡出身だったり福岡に友だちがいればきっと知らないひとはいないはず!
しっとりしてて、山おやつにも最高~。 


11


さて、お腹も満足したので登らないとね。


やっぱりここからは急だわ。
しかも遮るものがなくて直射日光がガンガン!

12

 
でも、ここまで来ると振り返るたびに燧ケ岳が見えて励ましてくれてるような♪

10


この日は、雲が多くて至仏山やそのほかの山は見えなかったけど
燧ケ岳はやたらくっきり見えます。
後ろからパワーをもらいながら山頂へ。。。

13
 

さっきまでいた弥陀ヶ池がもう小さく!

少し下って登り返して山頂~!

14

 

記念写真を途中から前後して一緒だったご夫婦に撮っていただきました。
と、そのとき!

カメラを持ってるおじさんの向こうにニホンカモシカがいました!

ちょっと遠くて、岩の上にたっていると保護色のようでわかりにくくて
ワタシの言葉にみんなで、ドコドコ???

動いてくれるとわかるんですが、こっちの騒ぎに気付いたのか
緑の斜面をあっというまにスタコラサッサ~。

カメラを構える時間もなかった。。。

でもカモシカが走ってる姿は見たことがなかったのでちょびっと興奮。
だっていつもムシャムシャごはん食べてたりするもんね。

だいすきなカモシカさんを見られて大満足。

さぁ、ごはんにしよう♪
パスタをたっぷりのお湯でゆでます。
15分くらいかかるので、待ってる間にウトウト・・・。

やや硬めに茹だったら、お湯はマグカップなど空いてる器に開けます。
捨てませんよ!山ではエコです(^∀^)

15


パスタにオリーブオイルをかけまわしてウィンナーを小さく切って
トマトとパスタと一緒に火にかけて、焦げ付かないように炒めて
トマトピューレを入れて。

16


ここでバジルを入れて塩・コショウで味を整えできあがり。


17


ウマイ~(^∀^)


先ほどのパスタの茹で汁を鍋にもどして
家で切ってきた人参をいれて茹でます。

やわらかくなったら、インゲン、シイタケも投入!コンソメの素を入れて
コショウを入れて出来上がり。

これまた、うまうま。

18


そんな贅沢ランチ(朝ですが。。。)のあいだに
山頂にはどんどん人が登ってきて下りて行って。。。



丸沼のロープウェー方面からも続々と登ってきます。
すごい!
やっぱり登山はいまブームなのかな?
ファミリーもくるし、今日までお盆休みの方も多いんですね~。


ふと時計を見たら10時をとっくに過ぎてる!
2時間近く山頂でのんびり。
誰だ?早めに下山しないと、なんて言ってたのは。

19


お昼寝したがる隊長の意見は即却下。
あわてて下山開始!

20

 

時間おしてますが、五色沼経由で(^∀^)
ワタシは五色沼コース初めてなのでうれしい。

トウヤクリンドウがあっちこっちに咲いてます。
ミヤマシャジンは今年は初めて。
後日。。。間違えてました(TДT)ヒメシャジンらしいです。


21


ここからの五色沼の眺めはキレイですね。



こっちの登山道も急なところがあります。

隊長のとつぜんの叫び声。

『コマクサがある!』

22
 


斜面に小さなピンクのてんてんが見えます。
少しだけ登山道わきに咲いててくれました。

もう8月中旬なのに咲いててくれてありがとう♪

ここから樹林帯に入るまでずっとお花畑でした。
時期的にあんまり期待してなかったのでうれしいな~。

樹林帯に入るとけっこう急なところをぐいぐい下ります。

で、なんと今朝の夢は正夢だったみたい。

23


鹿さんです!!!

この前行った聖岳で鹿さんがニッコウキスゲやバイケイソウを
みんな食べちゃうとか鹿が食べないマルバダケブキしか
咲かなくなってお花畑じゃなくなってしまう話を聞いたばっかりなので
気持は複雑ですが、見た目はかわいいんですよねー。


しばらくお互い見合ってましたが、鹿さんが行ってしまったので
ワタシたちも進みます。


避難小屋の前にもハンゴンソウが群生。

24


五色沼までもうちょっと。

突然わきの方でガサゴソ。。。
またもや鹿さん!ホントに多いなぁ~。
こんなに会うのは丹沢以来かな?

26


五色沼に到着~!


思ってたより近くで見るとおおきい。

25


山頂をさきに出発していった方々も、ここでまったりしてました。

27


隊長がおつかれぎみのようでプチ休憩♪

五色沼からいったん登って下りると弥陀ヶ池に戻ります。


空がちょっとどんよりして雲が増えてきてる。



弥陀ヶ池からは往路を戻ります。
けっこう急なので登りも大変だったはずですね~。

28


下山しておやつを物色。。。
おっ!五平餅がおいしそう。

焼けるのを待ってるあいだに、天気予報が的中!
どんよりした空から雨が降り出しました。

下山してから、まだほんの20分くらいじゃないでしょうか。
あぶなかった~。


29

登山中は雨に降られることもなく思ったよりもいいお天気に恵まれて
ラッキーな一日でした♪

↑このページのトップヘ